ID非公開

2021/11/27 21:11

88回答

皆さんは『外国人プライス』にされても、なんとも思わず 言われた通りに支払っていますか? . 何年か前、トルコに行った時

海外生活 | 観光165閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ポーランドやブルガリアとか貧しい国だと 当たり前のように、お金を誤魔化してきて タクシー、スーパー、飲食店、どこでもモヤモヤしました。 タクシーなんて相場の3倍とか平気で取られたし。 苛立ちを解消するために「いいや。募金だ」「発展途上国へのODA(政府開発援助)みたいなものだ」と半ば無理やり思って我慢したこともありました。 でも、やっぱりボラれると気分悪いですね。

お礼日時:2021/12/4 21:04

その他の回答(7件)

0

海外の二重価格は地域住民を守る方策ですから仕方ありません。 私が訪れた時ハワイでも二重価格でしたよ。 親類がハワイに留学していて知りました。彼が在住カードを見せるとメニューの価格より割引されましたが、それを「ぼったくり」とは言わないでしょう。 今は日本の方が物価が安いのでハワイの二重価格方式はなくなっているのではないでしょうか。 アジア圏ツアーで連れていかれるお店は要注意だとは思います。 そんなお店は「どうしようかな~」という感じで見ていると先方から値下げを言ってきます。 バンコクで日本人が経営しているショップに行きましたが、そのお店が明朗会計のお店か?は怪しいかな・・・という印象でした。 良質とは言えない品でしたが邦人への応援という意味で値札通りで支払ってきましたよ。

0

特に後進国になりますが、私はボラれてもある程度受け入れます。 生活がかかっている貧しい人だったら、ボラれているのがわかっていても払います。 日本が先進国であるのは、もしかして貧しい国の犠牲があるからと思うからです。 ケースバイケースですが、自分の許容範囲なら受け入れます。

0

タイははっきりとタイ人価格と外国人価格が書かれていますよね。 プーケットの土産物屋も棚の価格(アラビア数字)と商品に貼られている値札の価格(タイ文字)が違っていてレジで指摘したらタイ価格になりました。 日本人だけ高かったら嫌ですが、自国民と外国人という分類なのでまあいいかと払ってます。(最近は長期滞在の外国人はタイ人価格、タイ人でも海外在住者は外国人価格というお店もありますが) ちなみに日本ではそんな事ないと信じている人がいますが、日本語が分からないのを良いことに好き勝手している人、お店もありますよ。注文時に飲み放題は4歳は500円、1歳は無料と説明しておきながら2人ともアルコール付き飲み放題の料金を請求したりね(笑)思ったより高かったんだけど、レシートの明細を確認してくれる?と写真が送られて来てびっくりですよ。

ID非公開

質問者2021/12/4 20:55

そう言えば 日本人相手にこんなことしていた寿司屋も見かけました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/b014102a53ac2841ed56e84b859867ba0feb1ada 〉あがりについて、とある寿司屋で「1杯1000円だった」というツイッターでの投稿が11月、明細の画像付きで話題となった。 投稿された明細の画像では、あがりが1杯1000円で計上されており、2つ注文したものとして計2000円と表示されている。 その下には商品合計(税抜)で36370円と表示されており、その合計額に消費税がかかっているので、あがり1杯は税込価格だと「1100円」となっているようだ。 投稿者は自身のブログで、付箋1枚に書かれた「40000円」という飲食代に「思いのほか高い」と不信感を抱き、明細の提出を店側に求めたことであがり代のことが判明したと説明。

画像
0

注文する時にメニューと料金を指さして、 確認しながら頼むようにしています。 昔、パリの観光地のカフェで、 のどが渇いていたのでメニューを見もせずにペリエを頼んだら 10ユーロ以上請求されて驚きました。 入店してからの印象が なんとなく胡散臭かったり、 感じが悪いときは、 何も頼まずに 席を立って出てきますね。 悪い店、というのは経験を積むうちにわかってきます。 逆に、最初はつっけんどんでも 何回も通ううちには仲良くなれることもあります。 行きつけのカフェがあるのは大切なことですから。

0

一般的な事は既に書かれているので、特殊な例で値切れないのがキューバです。 外国人がキューバで換金する時には、外国人用のペソ(CUC)になり(これは米ドルとほぼ同じ。 しかし国民は政府が補助しているので、異なるペソ(CUP)を使うが、CUCに比べて、非常に安い。