回答受付が終了しました

第二次世界大戦で大日本帝国が負けた最大の原因は何でしょうかまたその原因を解決するにはどの様にすれば良かったのでしょうか詳しい方教えて欲しいです。

回答(17件)

0

中国を国際的な状況の変化も顧みず植民地にしようと思ったのが間違いでしたけど、日本は中国を植民地にしたかったのだから、仕方ないと思います。 中国を植民地にしようとしたことが原因なので、日中戦争も第二次世界大戦も最初から日本の負けが必至でした。 まあ、戦争に負けないで、天皇主権で基本的人権も認めない国家のまま存続するよりずっと良かったと思いますよ。 積極的に戦争して、どうぞ大負けしてくださいというところです。

0

6000kmに及ぶ広範囲な戦域により 補給を受けられなかった為 戦死者より 餓死、病死の方が多く 国から 兵士達は捨てられました。 日露戦争(白が初めて白以外に負けた戦争)に勝ってしまった為に 白から見ると 黄色い猿は邪魔だった為 いずれは潰しに来ます ある意味 アメリカに負けた事は一番良かったのかもしれません。

0

一番の敗因は、日中戦争を継続のまま大東亜戦争を開戦してしまったことです。 日中戦争で経済的にも、かなり、消耗していました。 中国にアメリカが物資支援をしていたので落とし切れなかったんです。 だから、中国も警戒をしなくてはいけないなか太平洋で大きな戦いになってしまったことです。それと、兵站を無視した防衛圏内を維持しようとしたことです。防衛圏内を広げることで補給が困難になりました。 アメリカが準備できていない中での奇襲でしたから成功しましたが、2年以内の短期決戦で勝負を決めるべきでした。準備期間が長ければ長いほど物力に勝るアメリカには勝ち目は有りません。 でも、開戦前から勝ち目はないですよ。国連を相手牙をむいたんですから。 特攻を始めた時点では、もう、負けを覚悟していたはずです。 長引かせたせいで犠牲が多くなってしまいましたね。 兵隊も民間人も。

0

戦前の日本は近代工業すべてをアメリカに依存していましたから、 そのアメリカと戦争すれば必ず負けます。 日本はアメリカから輸入したくず鉄で軍艦や戦車を作り、 アメリカから輸入した工作機械で飛行機のエンジンや 機関銃の部品作り、アメリカから輸入したハイオクガソリンや オイルを使って飛行機飛ばし、アメリカから輸入した 重油で軍艦動かし、アメリカから輸入した真空管がないと 無線機やレーダーが故障します。

0

原因は対米戦を始めてしまったこと。 それは対中戦争を収拾出来なくなったため。 それは…とやってくと、結局のところ当時の日本の統治機能不全に行き着きます。 太平洋戦争回避の選択肢は幾度となくありましたよ。 ですがそれが成し得ない国内事情があったわけで。 このテーマはミリオタやってれば必ずぶち当たりますし、結局のところ憲法まで行き着きます。 西園寺公望を最後とする元老の消滅により、その存在を前提としていた明治憲法のバグが発動したような恰好なんですが、果たしてそれは避け得たものなのか?となると難しいものがありますね。 改憲の可能性はほぼないでしょう。 憲法の成立過程と不磨の大典と化してゆく史実経緯を踏まえると、例え天皇がその気になったとしても(帝国憲法は欽定です)、内戦覚悟するくらいでないと無理ではないか?と思えます。 どのように改憲するのかという問題についても、おいそれと民主主義・文民統制とはいけないでしょう。 維新功労者達は衆愚政治を怖れこのような仕組みを創ったわけですが、その懸念通りとなり、もっと悲惨な歴史を辿ったかもしれないわけですし。 比較的現実的と思えるのは解釈改憲か元老の再生産ですが、解釈改憲は統帥権干犯問題で史実では改悪の方向へ行ってますし、それをやったのは政党政治です。 元老の再生産も、候補となりうる人材はテロで暗殺されちゃったり。