株や投資信託で利益が出た場合20%課税されると思うのですが、次の年の給料明細の所得税や住民税ってだいぶ高くなるのでしょうか? それとも株とかで儲けた金額は会社の給料とは別の扱いになるのでしょうか?

税金 | 資産運用、投資信託、NISA77閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 理解できました。 皆様細かくありがとうございました。

お礼日時:2021/11/28 19:31

その他の回答(5件)

1

「特定口座の源泉徴収有」であれば,投資により利益の税金は取引会社(販売会社)が税金を徴収してからお客に支払いする義務があって,税金処理はそれで完結になる制度です。ですから個人は税金面では何もすることはなく,当然確定申告もすることなく,利益も所得として計上する必要もなく表には現れません。 銀行預金の利子と同じような扱いです。利子が多くても何もしませんし,何も変わりませんね。

1人がナイス!しています

1

特定口座源泉徴収あり なら 給与の所得税とは関係ありません。 あなたは給与の所得税とは別途、利益の20%を払うだけです。

1人がナイス!しています

2

「特定口座源泉徴収あり」の場合、 徴収される税金は「源泉分離課税」という扱いになり、 他の所得とは分離され完結しています。 したがって、次年の所得税、住民税、社会保険料等には影響しません。

2人がナイス!しています

0

口座開設時の説明を。 NISA 出すれば〜 利益額により 一般口座も活用できます。 説明を理解して 色々と活用を。

0

特定口座源泉徴収ありで運用している場合は、分離課税なので株は株、給与は給与と分けて課税されるので、所得税などが上がる事は有りません。 株の売却で年間収支がプラスの分に課税されます。 含み益の状態では利益確定しないので、持っているだけではいくら増えても課税されません。