カムカムエブリバディはこれからも戦争でなくなる人が増えると思いますか?

ドラマ | 世界史143閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/3 18:27

その他の回答(4件)

0

戦争は嫌ですね。 お上(かみ)が勝手に、一般の国民に対して赤紙(召集令状) を送り付け、戦場に送る。 誰も逆らえない。 あの頃なら、多くの「戦争孤児」と呼ばれる家族を失った小さい子ども達が、住む場所も食べるものすらなくて「餓死」したと聞きます。 でも、そんなシーンは描かれないだろうし、もう脚本家さんも「戦死の知らせ」で僕らを泣かせることはないと思います。 「安子が工夫を重ねた、美味しい芋飴は、評判を呼び、やがて売り歩かなくても注文だけでなんとか生活ができるようになりました」 と、ナレーションが入っていたので、彼女が闇市で辛い思いをしながら芋飴を売り歩く姿も見ることはなさそうだし、 今後は彼女が和菓子作りに励むのか、はたまた英語を使う仕事を見つけるのかはわかりませんが、 人が亡くなる、、、という展開は無くなると思います。 なので、算太や従業員の方々の戦死が伝えられることも、もう無いでしょうね、たぶん。 僕は、「戦死したはずの稔が、帰ってきた」という、お決まりのサプライズは、入れて欲しいんですが、 日本のドラマも映画も、「物語をハッピーエンドで終わらせる」ことが苦手なようだし、この先戦死したはずの重要人物が帰ってくる、、、という展開は無いのかも、、、。

0

米国語講座のTVドラマだから、このあと朝鮮戦争やベトナム戦争のエピソードがないとも言い切れない。 「Good Morning ,Bietnam」はチョット、ラジオネタです。

1

戦争は終わったので、今後可能性があるのは算太になりますが、 彼は生きていて帰還すると思っているので、増えないでしょう。

1人がナイス!しています