国民健康保険料の所得割を計算する際の算定基礎所得金額について(個人事業主)。 所得税や住民税を計算する時には、所得金額=売上から控除+経費を差し引けますが、

国民健康保険 | 税金53閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/11/30 5:54

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

<所得税や住民税を計算する時には、所得金額=売上から控除+経費を差し引けますが、 上記の算定基礎所得金額は43万円という控除が引かれるのみで事業で認められる経費は引くことが出来ません。> いえいえ、国保料の計算をするときに使う所得金額は住民税の所得金額と同じです。 「収入-経費-基礎控除(43万円)=国保料の賦課の元となる金額」です。 <もちろん経費を引けない方が納める金額は大きくなるので国保事業側としては助かるのでしょうが。> いえいえ、住民税と同じ計算方法で所得を計算しますよ。 国保組合の場合は、所得に関係なく保険料を計算するので、所得は保険料に関係ないようですし…。 税と保険料の違いで別々にしてるとも言えますが、まとめた方がわかりやすいのになと。