回答受付が終了しました

Windows11 アップデートについて 現段階でアップデートを悩まれていう方が多いみたいですが Windows10搭載のPCを新しく買うときに

回答(6件)

0

新品Windows10を購入したらまずは認証b(^-^ 市販のメーカー製PCなら認証はできていると思いますが、それをしないでアップグレードしたりクリーンインストールすると、ライセンスが失効する恐れがあるので、冒頭の操作は最低でも一度確認しておいた方がいいです。 そうすれば、アップグレードでもクリーンインストールでも認証は通ります。 アップデートはバージョンが変わりません。 アップグレードでバージョンが変わります。

0

素朴な疑問でFile Explorerと同じくドキュメント、ダウンロード、ピクチャ などのフォルダをツールを使わず1発で開ける様にしてますがこのままWindows11にするとどうなるのだろう?と言う心配がありますから Windows Updateのお誘いは悩む事なくキャンセルしました。 M1 Maxより早いRyzen9 5900HX搭載機2種が11月25日発売開始ですが Windows10 Pro搭載ですね。

0

他の方も書かれていますが、過去に10への無償アップデート時もよく言われたのですが、最もトラブルが出ないのが、Windows10のイメージをバックアップしておいた上で、クリーンインストールするのがトラブルが最も少ない方法です。 次にトレブルが少ないのが購入直後、何も新しいソフトを入れていない時にアップデートするお店の申し出の方法が、トラブルが少ない手法ではあります。 しかし、聞いている範囲でまだまだ不具合が多いOSですし、現在発売されているソフトウエアにはまだ、Windows11対応を謳った商品は一部しかありません。 Windows10対応のソフトは殆ど使えると思いますが、中には修正プログラムを入れないと全機能が使えないと言った10へのアップグレード時にも有ったトラブルが発生する可能性はありますし、中には動かないソフトもある可能性があります。 ましてWindows10では動いていたWindows8.1以前対応のソフトの中には、11では動作しないソフトが多々ある可能性があります。 11への無償バージョンアップ(実はアップグレード)は、今後1年以上は行なわれるということです。 1度アップグレードしたことがあるPCは、一旦10に戻してから無償アップグレード期間を終えた後でも無償アップデートが出来ると言うことなので、事前にイメージバックアップを取った上でアップデート、その後にイメージバックアップで元の10に戻して使用し、現在の不具合改修や周辺機器のドライバーソフトや各種使いたいソフトのWindows11対応版が出そろってから再度アップデートすればいいと思います。 何も不具合の多い、ドライバーソフトや一般のアプリケーションソフトが完全に対応しているか不明な時点(ネット上では、既に既存のスキャナプリンターのドライバーが無いと言った書き込みもでています)でアップデートし、リスクを抱え込む必要はありません。 Windows10のサポート終了まで4年有りますので、それまでに入れられるなら入れると言う考え方で良いと思います。

0

アップグレードよりクリーンインストールの方が失敗するリスクは小さいです。 いずれにしろWindows10の「システムイメージ」は作っておいた方がいいです。