ID非公開

2021/11/29 12:22

1010回答

大阪環状線について質問です。鶴橋に行きたくて大阪環状線に乗ったのに和歌山県に入ってしまいました。なぜですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:2021/12/6 8:40

その他の回答(9件)

0

紀州路快速か途中で特急くろしおに乗ったということでしょ。それだけ。

3

西九条から特急くろしおに乗ってたりして・・・ ただ西九条に停まるタイプは天王寺を出てからも大阪府下で2~3駅に停まるんですがね。紀州路快速なら熟睡でもしていない限りは和歌山まで行くことはほぼありえない。 さらに外回りに乗れば一部京橋止まりがある他は全列車が鶴橋を通る。それに環状ホームに上がれば2番線に大きく京橋・鶴橋方面と書いてある。まさかこれを見ていないなんてありえないのだが・・・何も考えず表示も何も見ず、ただ来た電車に乗っただけというのならそっちの方が大問題。

3人がナイス!しています

1

★質問者さんにも「落ち度」は無いとは言い切れない★ >鶴橋に行きたくて大阪環状線に乗ったのに和歌山県に入ってしまいました。 それは質問者さんが、御自身の「眼」と「耳」で、乗るべき列車に装備されている「案内機器」を確かめないで乗っちゃったから、そのような「失敗」を起してしまうのです。 大都会の駅構内のホームには「番線表示(○番線・○○方面)」「駅名票」や、列車接近や発車合図促す「自動放送」が常設され、電車の窓の上にも「行先表示器」を設置したり、車内放送を常に流し、乗客が間違って乗らない工夫がされています。 ★本当に乗るべき列車を確かめましたか?★ 質問者さん、乗車駅で[普通:京橋・鶴橋方面]の行先表示器を観ましたか? ※実際に大阪環状線の通勤電車で採用されている車内表示のイメージ写真。 https://yatatetsu.hatenablog.com/entry/20200305/1583396725 このページを閲覧した、鉄道カテゴリーの常連回答者さんたちは「質問者さんは間違いなく、車外の「サボ」を見逃した」と、解釈していると思います。 ※サボ=鉄道業界用語で「サインボード」(案内表示板)の略語。 ★電車の「案内機器」も見逃し、車内放送も聞き逃したら「万事休す」★ 大都会を走るJRや大手私鉄、地下鉄の通勤型電車の車内には、各乗降ドアの上部に当該列車の行先や停車駅、次駅を案内するモニター画面(動画形式)または電光掲示板(横スクロール式の3色LED文字)が搭載されています。 そして、昭和40年代からは、日本の鉄道業界では欠かすことの出来ない「車内放送」と言うのがあって、必ず行先案内や次駅案内を乗務員室のマイク(現在は自動放送もあり)から、各車のスピーカーに流しているのです。 それらを観たり聞いたりもしないで、質問者さん自身で「間違いなく鶴橋駅まで導いてくれる」と思い込んでいたら、全く違う方向へ行ってしまったって…事になるのも、鉄道カテゴリーの常連回答者さんたちから観れば…、 「あ~あ、やっちゃいましたか!!」 「これは、しくじって当然ですよね!!」 と一蹴され、終わってしまうのです。 ★次回以降、失敗しない「対処法」★ (1)乗車する駅の電光掲示板に表示される列車種別と、行先を確かめる。 (2)乗ろうとする電車の窓上の「行先表示器」に出ている[種別:終着駅名]を確認する。 (3)列車の停車中、ドア上のモニター画面のテロップを見逃さない。 ※鉄道事業者によって製造年が古く、その設備がない車両もあり。 (4)発車後、天井のスピーカーから流れる車内放送を聞き逃さない。 これらを観て聞いて、質問者さんが行く予定の目的地の駅名が、車内画面に表示されない、または車内放送で読み上げられなかったなら「自分は間違った列車に乗ってしまった」と言うことに気付くはずです。 御自身だけ、あるいはスマホのネット情報だけで解決しようとせず、車内にある様々な案内機器を観て聴いて、次回は失敗の無い鉄道乗車を目指して下さい。 長々とコメントしてすいません。こんな回答でいかがでしょうか…? 以上、東京都民の乗り鉄(列車で旅する鉄道ファン)でした。 ※関西地区は40回以上旅しています。 ※あくまで「旅人目線」で回答しました。

1人がナイス!しています