ID非公開

2021/11/30 7:27

1010回答

なぜ 電車のアナウンスは7時を「ななじ」と読むのですか? 電車で主要駅の到着時刻をアナウンスする際にななじと言っているのを聞いて気になりました

2人が共感しています

その他の回答(9件)

3

昔数字の発音でこういう例文を見たことありますね。 1→いち 2→ふた 3→さん 4→よん・よ 5→ごう・ご 6→ろく 7→なな 8→はち 9→きゅう 0→まる 2桁の場合は「じゅう〇〇」、「〇〇じゅう××」という発音ですね。 またこれと同じ発音を電信電話の交換手の言葉で聞いたこともあります。この名残もあるようですね。もちろん聞き違いがないためです。国鉄時代には2をふたと呼ぶ車掌もいましたが、最近はもう聞かなくなりました。

3人がナイス!しています

2

お金を数える時 例 9000円の場合 ご、ろく、なな、はち、きゅう と言いません つまり 「なな」の方が伝わり易いです

2人がナイス!しています

5

小学校で習いませんでしたか? 「7時」を「ひち-ジ」と読むと、「いち-ジ」と聞き間違いされるおそれがあるからです。 ≪数量詞≫の場合、日本語の数詞は、和語系と漢語系とが並立していて、はっきりと区別して用いる場合と、混線している場合とがあります。 .........1....2...3.....4....5....6.....7.....8......9.........10......時 和語系..ひ....ふ..み....よ..い...む.....な....や....ここの.....とお.....とき 漢語系..イチ..ニ..サン..シ..ゴ...ロク...シチ..ハチ..ク/キュウ..ジュウ..ジ ..現在は、和語系では、通常物を数えるときは、10までで、11以上は漢語系で数えます。物の数え方には「助数詞」というものがあって、人なら「ニン」、紙なら「マイ」を数詞の後に付けて数えます。 ..それが、和語系と漢語系とにわかれ、和語系の助数詞には、和語数詞(例:か)が、漢語系の助数詞には、漢語数詞(例:ニチ)がくるのを原則とします。 したがって、「時」=「ジ」は漢語系ですので、「シチ-ジ」となるのですが、「イチ-ジ」との聞き間違いを防ぐために和語系の「なな-ジ」で放送しているのです。

5人がナイス!しています