LEDを開発して世界に広めたのは誰ですか?

工学 | 物理学52閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 参考になりました。

お礼日時:2021/12/4 19:10

その他の回答(3件)

0

2014年のノーベル物理学賞は、窒化ガリウムによる高輝度青色LED(発光ダイオード)を開発した3人の研究者に贈られることになった。 赤﨑勇・名城大学教授、 天野浩・名古屋大学教授、 中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授、 の各氏。 青色LEDは、世界の国のどこよりも日本でよく知られている。 中村修二博士がかつて所属した日亜化学工業(株)を相手に裁判を起こし、一審ながら200億円という驚くべき勝訴判決が出たからだ。 もともとのLEDは、1962年にGE社のホロニアック博士が米国で特許出願している。 しかし、彼自身が書いたように、明るい素子は原理的に不可能だと信じられていた。 その誤りを正し、1000倍以上、つまり輝度1カンデラを超える今日の“スーパーLED”を生んだのは日本です。 https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v11/n11/%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%B3%9E%E3%81%AF%E9%9D%92%E8%89%B2LED%E3%82%92%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%97%E3%81%9F3%E4%BA%BA%E3%81%AB/56984 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E4%BF%AE%E4%BA%8C