ID非公開

2021/11/30 19:36

66回答

昔は自然薯がとても高額でした。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/11/30 20:22

でも味が一緒ですよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 懐かしい記憶も様々に呼び戻されて、嬉しい限りです。

お礼日時:2021/12/1 1:09

その他の回答(5件)

0

あんたは天然物を食べたことがないんだろ。 天然物と栽培物では結構違うからね。 っていうか、天然物はほとんどが「高級料亭」に収められるので、普通は手に入らないよ。 一部に「天然物」と称して売ることもあるようだが、実際は「栽培物」だよ。 天然物は極めて量が少ないので、実際に食べたことのある人は少ないからね。

ID非公開

質問者2021/12/1 1:05

高級料亭でも何度か食 べたことがあります。昔になりますが確かな味の記憶があります。 こちらで回答されている沢山の方々の天然自然薯を食べた時の味覚の記憶は正しいと思いますよ。 加えて、本物を食べた人が少ない、というあなたの認識だけでは、私と回答者の方々が本物を食べていないという根拠には全くなり得ません。 へそ曲がりな回答をしたかっただけではありませんか?

2

栽培方法が確立されたからです。真っ直ぐなきゅうりは、栽培も難しく産地でも曲がりきゅうりは畑に捨てていた時代が有りますが、品種改良と栽培用具の工夫で今は出荷できるきゅうりが多くなり安くできているはず??なのですが、自然薯は山芋ですので、石などが有れば曲がりくねりながら成長していましたが、専用の栽培用具の中で成長させることにより、ほぼ真っ直ぐな状態で収穫できるようになりましたので、輸送にも便利ですし加工にも便利です。いわゆるコストが下がって販売価格が下がっています。また人工栽培ですから畑の面積当たり多数の栽培が出来るようななりました。(*^^)v

2人がナイス!しています

0

自然ものが高価なのは希少価値から。 山のどこにでもありはするが、掘るのが大変。 一本掘るのに数時間かかったりする。 なので希少価値となります。 味は栽培ものと変わらない筈。 食材として合理的なのは栽培もの。 自然ものを買う人は味とか合理的とかとは違う価値をみているからでしょう。

0

「そういう名前で売る様になったから」 です。自然薯と言う芋は無く、単にヤマノイモ(山芋)の 別名(自然に生えている物を指す事が多い)であるだけ なので、自然薯と言われて想像するような形に育てた山芋 を「自然薯という別名」で売っているだけです。