ID非公開

2021/12/1 7:49

77回答

レーヨンという素材は一般的な物ですか? 宜しければ回答をお願いします。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

一般的なものと言えば、そうです。ですが かなり時代遅れの素材です。もう一部の東欧圏や発展途上国でしか 作られてません。 強度がない 水にぬれると、強度が極端に落ちる等、欠点も多いです。人絹と言われて、大変流行し一時代を作りましたが。だから 今は単独で使われる事は少なく、欠点を補うために 他の繊維と混ぜて使われる事が多いです。 誤解する人も多いのですが、レーヨンやベンベルグ アセテート等は、再生繊維と言われていて 基本自然界に存在するものを、繊維状に加工して 作ります。なので SDGSには、マッチすると思います。自然界で 長い時間たてば、腐ります。 反対に ポリエステル ナイロン アクリルは、石油等から合成して作ります(合成繊維)。自然界に存在しません。なので 長い時間たっても、腐りません。(長い時間経てば劣化して強度が落ち 細かくはなりますが) ただその分、洗濯等にも強く長持ちして 逆に環境には優しいと思います(洋服業界の人は 困りますが。笑)。特にポリエステルは大変優れた樹脂で(耐薬品性 劣化しにくい等)、ペットボトル等にも広く使われ、洋服も再生して 使われ出してます。

以前は男性用は綿製の下着しか 売ってなく、2-4年使うと くたびれて、捨てて新品を買ってました。 今はポリエステル製の下着が 売られていて、愛用してます。マイクロファイバー(少し吸湿性あり)や 吸湿加工がされていて、汗を吸います。 5年以上は使えます。スポーツのユニフォーム等も、以前は 綿製ばかりでしたが、現在はほぼポリエステル製のみです。汗もよく乾き、丈夫で長持ちしてます。洗濯を繰り返しても、色落ちも ほとんどありません。

0

レーヨン、ポリエステル、ナイロン。 化繊と一口に言われますが、綿や麻などと混紡でも使われますし、布や洋服が今のように誰でもが安価で購入出来るようになった理由の一つに、化繊の発明がありました。 一般的というよりは、繊維製品を一般化した功労賞をあげても良いかと。 昔は綿や麻、高級品のウールや絹くらいしかなかったので、布は本当に高価でした。 ですから、使い古しても着古しても、最後まで繕う、継ぎ合わせるなどで使い倒しました。 最近のSDGSの流れで、石油製品の一つとして悪役にされることもありますが、ペットボトルなどのように、再生可能になったら、また変わって来るかもしれません。

4

一般的です 服がたくさん並んでいたら 一枚や二枚は必ずあります

4人がナイス!しています