ID非公開

2021/12/1 15:02

22回答

失業手当と国保について

国民健康保険 | 年金109閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

なお会社の手続きは被扶養者を抜ける手続きと戻る手続きを同時にやって構わないと思います。 国民健康保険を抜ける手続きをするのには、被扶養者に戻った健康保険証が必要ですから、 国民年金・国民健康保険の加入手続き 国民健康保険の脱退手続き の2回行います。新しい健康保険証をもらってから、「健康保険被保険者資格喪失証明書」と健康保険証を両方持参して同時に手続きをできるかも分かりませんが、正直なところ再度被扶養者になってからであれば国民健康保険の加入手続きをするメリットは無い可能性が高いです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくご回答くださりありがとうございました。 大変勉強になりました。 しっかりと参考にさせていただき 粛々と進めたいと思います。

お礼日時:2021/12/2 9:03

その他の回答(1件)

0

雇用保険からの基本手当受給が終了したら、扶養から抜ける必要は無いです。 本来扶養では無かった期間に受診した医療費の7割は請求されます。 受給を終了した事は伝えましょう。 国民年金に関しては健康保険側か夫の会社側が手続する事で、後日、日本年金機構から保険料を督促されるでしょう。 健康保険側に年金の損害は無いので、もしかしたらもしかしたらですが。 マイナンバーはどうでもいいです。 マイナンバーは自治体が発行したのですから、住民登録情報に入ってます。 日本年金機構は住民登録情報を知る事が可能なので、すでに知ってます。 健康保険組合と国民健康保険の直接的なつながりは無いです。 国民健康保険は大赤字事業ですから、健康保険側からの支援金は入ってます。

ID非公開

質問者2021/12/1 17:46

ご回答いただきありがとうございます。 >扶養から抜ける必要は無い が、医療費の返還請求、および 保険料の督促が来るということは、抜けて、また戻る が同時にできるが、しかるべき対応が求められる、ということでよいでしょうか。 その他書いていただいた内容も大変勉強になりました。 国保が大赤字事業ということなので、自分がわずか払った保険料も 焼け石に水な気がしますし、将来国保になる可能性も高いので、 とても怖い気がします。 安心して暮らせる社会になってほしいです。 この度はありがとうございました。