回答受付が終了しました

ID非公開

2021/12/2 11:46

77回答

簿記の資格って3種類あるとおもうんですけど、自分は日商簿記を初めて受けようと思ってるのですがおすすめ参考書を調べると「簿記検定◯級」としか書かれていません。

簿記 | 資格106閲覧

回答(7件)

0

>日商、全経、全商すべて一緒にされてるんですか? いいえ。 簿記検定の主催団体ごとに級位も試験問題も試験日も異なる検定試験が行われていてその対策用の本も主催団体の検定ごとに別々に売られています。 >「簿記検定◯級」としか書かれていません 参考書には必ず「日商」「全経」「全商」「建設業」「農業」のようにどんな簿記検定の対策用なのかがわかるように主催団体と級位がタイトルに印刷されています。 テキストや問題集は使う人との相性もあるので必ず書店で直接中身を確認してから購入した方がいいと思います。 おすすめのテキストは以下です。 ・TAC ・大原 ・LEC ・ネットスクール ・パブロフ ・中央経済社

0

簿記の検定試験の中では日商簿記検定が一番認知度が高いので、検定対策書籍で書籍名等に特に明示がなければ日商簿記検定を前提に構成、編集されていると考えていただいていいと思います。 なお、全経簿記の教材については全国経理教育協会の公式サイトの教材販売のコーナーから確認することができます。 また、全商簿記の教材は実教出版や東京法令出版のサイトで確認することができます。 ◆日商簿記3級・検定対策用のテキスト、問題集について どのようなタイプのものが合っているのかは人によって異なってくるため、できれば書店で手に取って比較してその人自身に一番合っていると感じたものを選んでいただくのがいいと思いますが、個人的なオススメはTAC出版の教材になります。 ・『よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト 日商簿記3級』 ・『よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング 日商簿記3級』 ・『よくわかる簿記シリーズ 合格するための本試験問題集 日商簿記3級 2021年AW対策』 ・『2021年度版増補版 日商簿記3級 まるっと完全予想問題集』 なお、論点学習用の教材について仮によくわかる簿記シリーズが合わないと感じるのであれば、同じTAC出版の市販教材であるみんなが欲しかったシリーズ(簿記の教科書・簿記の問題集)やスッキリわかるシリーズでもいいと思います。

0

「簿記検定◯級」対応と書いてあれば、普通は日商簿記検定を指します。 全経簿記、全商簿記検定の場合は「簿記検定◯級」の「◯級」の数字から1引いた級が同等程度と考えてください。 全経簿記1級、全商簿記1級なら日商簿記2級に相当するといった具合にです。 日商簿記検定1級に相当するのが、全経簿記上級です。

0

日商簿記を受けたいのに、高校生が主に学校単位で受ける全商とか、簿記以外の勉強をしている専門学校生が取り敢えず2級の合格証が欲しいと受験する全経の内容で勉強しても日商簿記検定に合格するのは大変だと思います。 こちらからテキスト等が探せます。 https://www.kentei.org/sp/boki/textinfo.html