兼業主婦という言葉はあるのに兼業主夫がないのは何故ですか? 今時男だって家事も育児もしてるし、専業主夫は普通にいいますよね。 そもそも兼業主婦もおかしくないですか?

家族関係の悩み | 生き方、人生相談132閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

無意識に「男が家事をするのは当たり前」だと思われているのでは? 表面的には逆に「男は家事をしない」と言われますよね。 ですが統計を見ると独身男性も夫も家事をしています。 独身男性は独身女性と家事時間が変わらず、夫と妻の家事時間も1日1時間しか違いません(仕事の時間は夫が1時間多いので時間負荷は平等) それなのに「夫は家事をしない」と言われてしまうのは、「夫がやっているのは特別なことではない=家事をやるのは当たり前だ」の意識があるからでしょう 知恵袋でもよく「そんなのは家事ではない」と猛反発する人を見かけます。 男は家事をいくらやっても認められないので、兼業主夫になれないんでしょうね

0

一般的ではないけど、使う人も居ますよ。 専業主婦も変ですけどね。 主婦は主婦でええやんって感じです。 【主婦】 ①一家の主人の妻。 ②一家をきりもりしている婦人。女あるじ。 (広辞苑第五版―電子辞書)

0

そもそも業ってなんだよって感じですけどね 自分の子供育てるのは仕事じゃねーし当たり前のことやんって感じです 兼業主夫は全然聞かないですね まあ兼業主婦もそんな聞かないすけど

兼業主婦はネットでも結構見ますけどね。 兼業って家庭も職場もしてるって意味ですよね。なんか女性からしてみてもあまりいい単語に思えなく無いですか? 専業主婦はわかるけど、兼業が女性にだけ使われる表現っていうのがいまいち違和感