ID非公開

2021/12/2 23:30

55回答

野菜の有機肥料で炭素(C)に当たるものは堆肥や炭くらいでしょうか?

補足

有機というのが炭素を含むものという意味があるみたいですが、Cを多く含む有機肥料があればそれも教えてください。

家庭菜園 | 園芸、ガーデニング134閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

植物を構成する元素のうち自然界からの供給だけでは植物が十分成長するのに不足する元素を不足分を補う目的で人間が肥料として与えます。 植物体に多く含まれる元素には炭素のほかに水素や酸素などもありますが、水素や酸素は水から十分得られますし、炭素や酸素は空気から十分得られますので肥料として人間が与える意味はありません。 堆肥には炭素の他に窒素やリン、カリウムなどの肥料として与える意味のある肥料成分が含まれていますし、堆肥に含まれる炭素は植物繊維などの有機物なので土壌微生物のエサ(エネルギー源)として役立っています。 そして土壌微生物が増殖し活発に活動することで有機物の分解が促進されて有機物中に存在する窒素成分などが植物に利用される形態までに分解され有効化するので堆肥の施用は間接的に植物の成長に役立っているのです。 なので炭素を肥料として考慮する必要はないです。

植物や動物などの生物の体には多くの炭素が含まれていますし、人の3大栄養素の1つの炭水化物にも多くの炭素が含まれていますよ。

0

モミガラ燻炭をキュウリに使用しています、 理由は簡単で、生育期間1カ月の窒素過多を予防できるからです。 収穫期間での追肥には、ある程度の効果を示しますが、 追肥を消費しやすい野菜の部類なので、調整よりも追肥が多くなります。 収穫期後半からはなにをやっているのか?といえば、 硫酸マグネシウム液肥とか、カルシウムを使っています、 そして、肥料の調整が出来ているのかを知るために、 黒マルチに穴を開けて、追肥を利用してレタスを植えています。 (収穫終盤はほとんど無農薬になります) モミガラ燻炭は、5年計画で考えたとき2~3回です、 最初の3年は使いますが後の2年は入れなくてもかまいません。 バーク堆肥で炭素の補給は出来ています。 肥料の値段が上がっていますので、 アズミンとか、過リン酸石灰とか、硫酸カルシウムとか・・・、 上手に使えば経費節減できるかもしれませんね。

0

植物は光合成で空気中の二酸化炭素を吸収して酸素を放出します。 二酸化炭素に含まれる炭素から有機物を作り出しています。 動物にはそれができないので、植物性プランクトンなども含む植物が作り出した有機物を直接間接に摂取して生きています。 植物は土中の炭素を消費する側ではなく生成する側ということです。