ID非公開

2021/12/4 2:35

44回答

これまで長年、自宅の賃貸アパートのお風呂で髪の黒染めをしてきました。 古いアパートだったこともあり、浴室は壁面と床面がタイルだったため、壁と床への染剤の飛び散りの掃除は比較的ラクでした。

賃貸物件 | 掃除190閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/12/5 2:57

ご回答をくださり誠にありがとうございます!! シャワーカーテン!!! 私はそれを見たことはありませんでしたが、私の外画の吹き替えの現場では確かにシャワーカーテンなるものがありました。 そのシャワーカーテンは、勇気を出して開いてみると、そこには何もないのですがそこでホッとして振り返ると、移動した画面のうしろに殺人鬼が立っているのです! いえ、もう、ほとんどベストアンサーです!! 少ししてベストアンサーを決めさせていただきます!ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、大変ためになるお言葉をくださり、本当にありがとうございました。 教えていただいた全ての防御策を実践したいと思います。 とりわけ、タオルなどで覆うという作戦を教えていただきましてありがとうございます。 シャワーヘッドにつながるホースのラバー面が一番染剤が食い込んだらヤバい場所のように思いますので、シャワーのホースの表面には養生テープでタオルを巻き付けてから行いたいと思います。

お礼日時:2021/12/5 20:48

その他の回答(3件)

1

ユニットバスの素材によってはすっきり取れません。バス内部の壁面が一種類でないこと、浴槽の塗装の素材もいろいろなので、うちの場合、ここについたら取れない、という場所があります。とくにうちの浴槽内は洗い場より汚れが染みやすいです。汚れが着かない加工かそういう素材の場所は染みません。賃貸のユニットバスは素材がシンプルだったので大丈夫な気もしますが。持ち家なのでそれほど気にしませんが、 防ぐには、使う前に床や壁にシャワーをかけて濡らしておく、しっかり防ぎたいなら、洗面器にお湯と、石鹸かシャンプーを少し入れて泡立て、壁などにかけておけばいいと思います。使う前にまな板を濡らすと匂いがしみ込まないと同じ理由です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/12/5 2:45

ご回答をくださり誠にありがとうございます!!! 大変な予防手段を教えてくださりありがとうございます。黒染め後の洗髪においては、予想外の飛び散りの場所に対してあらかじめシャワーをあてて濡らしておくんですね!!! シンプルにして大変に目が覚める思いです!賢者様、本当にありがとうございます!!

1

少し面倒くさいのですが、お風呂の床面には滑り止めの床マットをひいてます。で洗い流すときはお風呂に頭を突っ込んでシャワーをかけます。飛び散らないようにきをつけてます

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/12/5 2:38

ご回答をくださり誠にありがとうございます。 あれですね。シャンプーハットのようなフワフワなマットを床面へ敷いておくんですよね! 確かに。一番濃い染剤の滴りを受け止めるところへの防御として最適なのだと思いました!!

1

染めるときの濃厚なクリームや液を壁紙や天井、木製の柱など、元々取れにくい材質に着けないように注意して染めることです。 ここに付けば塩素系の漂白剤でも落ちませんから。 浴室の中で染めるなら、また、ユニットバスの樹脂の硬質の壁や床の材質なら、付着してすぐなら塩素系の漂白剤を塗れば取れるのでは。 我が家はユニットバスではないですが同じような材質で、染めたあとの洗髪の時には、洗い場ではなく空の浴槽に頭を深く突っ込んで、染料がいたずらに飛び散らないようにシャワーの水流も弱め洗っています。 飛び散ったとしてもすぐに水で流せば落ちます。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/12/5 2:33

ご回答をくださり誠にありがとうございます。 やはり、飛び散りを防ぐように心掛けることを第一とすることの重要性を教えていただきました。ありがとうございます!!