ここから本文です

反捕鯨運動は、米国の枯葉剤作成に対する目眩ましだったと言うのは、本当ですか?

mer********さん

2009/4/2011:34:34

反捕鯨運動は、米国の枯葉剤作成に対する目眩ましだったと言うのは、本当ですか?

ベトナム熱帯雨林を徹底的に破壊したと言う事で、環境保護団体から、激しく避難され、その非難の矛先をかわすため、1972年ストック掘る実の人間環境会議でアメリカは商業捕鯨の停止を提案したとされる。

閲覧数:
742
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roz********さん

2009/4/2018:24:05

それを示す確実な証拠は現状で存在しないそうです。
言い出したのは梅崎義人という人ですが、ソースを提示していない為、おそらく事実ではないだろうというのが以下の文章の余談に載っております。

http://www.research.kobe-u.ac.jp/gsics-publication/jics/sanada_14-3...

質問した人からのコメント

2009/4/27 17:04:46

降参 丁寧なご回答有難う御座います。成程、仰っている事よくわかります。しかし、どうなのでしょう。海外と、日本の『鯨を必要としている立場』『何故躍起になって日本は鯨を調査したいと願っているのか』『それをご存知での回答なのか』が疑問です。
燃料と食料だけと見る海外。日本は『生活そのもの』。その違いを全世界に発信した後で問いたいと思います。海洋は、魚が減っています。鯨だけ増えても。ご回答感謝申し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hon********さん

2009/4/2322:14:31

捕鯨に関しては日本側に問題があると思っています。

これはオーストラリア大使館のホームページ上にあった「捕鯨に関してよくある質問」という項目で、オーストラリア政府の見解を示しています。これを読んで、日本が過ちを犯していると確信しました。


以下コピーペーストです

>>オーストラリアの捕鯨に関する政策はどのようなものですか?

オーストラリアはあらゆる商業捕鯨や致死的な調査捕鯨に強く反対しています。クジラの捕殺を正当化するような信頼し得る科学的理由は存在しないと、オーストラリアは強く信じています。

オーストラリア政府は、捕鯨中止に向けた活動を積極的に行っています。国際社会は日本やノルウェー、アイスランドを含むあらゆる捕鯨国に捕鯨を中止させる努力を行っていますが、これにおいてオーストラリアは建設的な役割を果たしています。オーストラリアと日本は共に国際捕鯨委員会(IWC)の将来について話し合う作業部会の参加国であり、ここでは同委員会が直面している主要問題を合意の上で解決する努力が行われています。同委員会が海洋ガバナンスにおいて現代的基準を採用し、クジラの保護に向けた国際的努力において中心的役割を果たすような改革がなされるようオーストラリアは望んでいます。

クジラへの理解をより促進する上で、遺伝子・分子レベルの技術や衛星用タグ、超音波調査、航空調査といった現代的な調査方法の採用は可能であると、オーストラリアは信じています。オーストラリアはこうした研究を行うために、南極海研究パートナーシップを提案しました。そして日本を含めた国際捕鯨委員会の加盟国に対し、このパートナーシップに参加するよう呼びかけています。

オーストラリアの調査提案にご関心のある方は、以下の項目をご参照下さい。クジラの保護と管理:国際捕鯨委員会の今後のあり方について(http://www.environment.gov.au/coasts/publications/pubs/iwc-future-p...
反捕鯨活動をリードするオーストラリアの調査(http://www.environment.gov.au/minister/garrett/2008/pubs/mr20081205...
オーストラリア、クジラの非致死的調査に615万豪ドルを拠出(http://www.australia.or.jp/seifu/pressreleases/index.html?pid=TK19/...

ミンククジラのようなクジラ種の生息数が増えているのに、どうしてオーストラリアは捕鯨に引き続き反対するのですか?

現在南極海におけるミンククジラの数について、国際的合意はありません。国際捕鯨委員会による個体数調査では、南極海においてミンククジラの数が著しく減少しているのを示す結果が出ました。これが実際の個体数の激減によるものなのか、あるいは調査方法の変更や海氷の変化によるものなのかは不明です。しかし日本は現在の南極海調査プログラムで、南半球におけるミンククジラの捕獲目標数を1987年の約300頭から935頭へと増加させています。

ナガスクジラやマッコウクジラ、ザトウクジラなど捕鯨国が捕獲対象としている他のクジラ種の多くは絶滅危惧種か、絶滅の恐れのある種と判断されています。

絶滅危惧種であるかどうかに関係なく、クジラの捕獲を正当化するような信頼に足る科学的理由は存在しません。クジラを捕殺しないで生物学や個体数、管理に関係するデータを集める調査方法はあります。したがって日本の致死的な調査プログラムは不要です。そしてクジラを殺す方法はしばしば非人道的です。すべての商業捕鯨や「調査」捕鯨はクジラの種類に関係なく中止されるべきであると、オーストラリアは強く信じています。

日本がザトウクジラの捕獲予定の延期を発表しても、オーストラリアが日本の捕鯨プログラムに反対するのはどうしてですか?

オーストラリア政府は、日本がザトウクジラの捕獲を行わない決定をしたのを歓迎します。しかしオーストラリアはすべてのクジラの捕殺に反対すると共に、日本の致死的な「調査」 捕鯨プログラムには根本的に反対しています。

シーシェパードのような集団による過激な抗議活動を、オーストラリアは支持していますか?

いいえ。オーストラリアは平和的な抗議を行う権利は認めますが、過激な抗議活動は支持しません。我々は公海における違法な、あるいは誰かを負傷させる可能性のあるいかなる抗議活動も支持しません。オーストラリア政府は違法な、危険あるいは過激な活動を強く非難すると共に、南極海で活動するすべての関係者に、海における生命の安全という最重要原則や海上活動に関するすべての法および協定を尊重し、これを実行するよう要請します。

シーシェパードはオーストラリアではなく、アメリカを拠点とする組織です。船籍はオランダに置かれており、船長はカナダ人です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる