ここから本文です

改札出ないと反対側のホームに行けない駅とそうじゃない駅って、どういう基準・判...

Mr.ダンディ さん

2009/4/2020:41:07

改札出ないと反対側のホームに行けない駅とそうじゃない駅って、どういう基準・判断でそうしてるんですかね??

補足乗り過ごした時改札でないと反対側のホームに行けなかったら金取られるのがうっとうしいんですよ。

閲覧数:
1,102
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rap********さん

2009/4/2112:55:44

駅付近の条件にもよります。
一般的に高架でなく地上に相対式ホームが設置されている場合で上下線で改札が別になっている事があります。
考えられる事例としては、改札を橋上または線路下に設置できるようなスペースや予算がない場合や構内踏切の設置が出来ないような場合に上下線それぞれに改札口が設置される事があります。

最近では阪急電鉄京都本線の洛西口駅(平成15年3月16日開業)が上下線別の改札口が設置されました。
これはこの付近(東向日駅付近~桂駅付近)の連続立体化工事のために近い将来高架化されるために上下線別の改札口での開業となりました。

また京阪電鉄京阪本線の光善寺駅は元々上下線別の改札口の駅でありましたが、バリアフリー化によるエスカレーター・エレベーター設置工事に伴い橋上駅になった事例もあります。

質問した人からのコメント

2009/4/27 05:52:51

お二人ともサンキュー♪

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2009/4/2116:10:24

そうせざるを得ない土地の事情があるのだと思います。

一例として私の地元知多半島にある名鉄常滑線日長駅・長浦駅もそのような構造の駅です。
元々この2駅は駅舎の無い相対式ホームの無人駅で、さらに構内が狭く、駅前の公道の踏切を構内移動に使用していました。
2005年、カード乗車券「トランパス」に対応するための工事が行われ、両駅は方面別に改札口が設けられました。
前述したとおり、構内が狭いので跨線橋を取り付けることもできず、また構内移動に使用していた踏切も公道であるため、やむを得ずこのような形になったと思われます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる