ここから本文です

ホームページにユーチューブや他のサイトにUPされている、動画や画像にリンクを貼ろう...

huo********さん

2009/4/2105:25:19

ホームページにユーチューブや他のサイトにUPされている、動画や画像にリンクを貼ろうかと考えています。

リンクを貼った映像が、著作権または他の違法性が発覚した場合、リンクを貼っていたホームページの管理者も罰せられますか?

閲覧数:
416
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohi********さん

2009/4/2109:48:42

you tubeと動画共有契約をしてるブログサイトで投稿者が埋め込み許可している動画は大丈夫です。
リンクなら問題がないです。

著作権は特許権、商標権、考案権、意匠権などの様に特許庁は管理していない効力の弱い物です。
著作権法第38条には公表された著作物は非営利なら使用して良いと書いてあります。

しかし、you tubeはグーグルと言う世界的なIT業界の大企業です。ヤフー(ソフトバンク)を初めブログサイトもそうですがサイト内にバーナー広告を出しているスポンサーから営利を受けています。

そこでyou tubeやヤフーは日本のジャスラックを始め全ての著作権管理団体と契約をしています。その契約で削除しなくて良い動画といけない動画が取り決められています。しかし、その契約内容を全て把握している一般人などいないでしょう。
その様な企業間の契約内容まで一般人に確認義務など課したら誰もインターネットなど怖くて出来ません。
責任はyou tubeやヤフーなど他人の著作物コンテンツで数億円もお金を儲けてる人間達にあり非営利の個人に課すものではありません。

例えばあなたがカラオケボックスで好き勝手に他人の楽曲を唄ってそのカラオケ店がジャスラックに反発して著作権使用料を上納してなくても、勝手に唄った非営利のあなたに著作権補償金の支払を請求される事は絶対ない。いちいち、カラオケ店が著作権使用料を払っているかどうかの確認義務が一般人のあなたにはありません。対象はあくまでも営利を得たカラオケ店だけです。著作権法は営利目的の業者を対象としている。

そもそも著作権とは知的財産権で六法で言うと商法の特別法である。条文などは業界慣習に任せてあやふやな表現が多い。よって営利を目的とした業者を対象とした法律である。

質問した人からのコメント

2009/4/22 13:26:18

ありがとうございました。ユーチューブ埋め込みのブログは多いですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる