ここから本文です

高3理系です。インターネットで英英辞典の定義と例文を書き写して音読するという勉...

さん

2009/4/2111:38:43

高3理系です。インターネットで英英辞典の定義と例文を書き写して音読するという勉強法を知ったのですが、やはり作文や文法は強化されませんか? 大学受験という観点ではオーバーワークでしょうか?
英英辞典が高かったので元をとりたいという気持ちも少しあります。

閲覧数:
783
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

seb********さん

編集あり2009/4/2212:38:38

受験英語ねー。悩ましいですね。

英英辞典は何を買ったのですか?お勧めはオックスフォード大学出版のOALD、Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English、です。この辞書は英語を母国語としない人のために編纂された辞書で例文が多く載っています。辞書CD付きも書店で売られています。

”英英辞典の定義と例文を書き写して音読する”は作文や文法の強化にはならないと思います。そこでお勧めはオックスフォード大学出版のOxford Practice Grammarです。各章に問題があり解答も載っており自己学習には良いと思います。勿論すべて英語で書かれていますから英文理解にも役立ちます。分からない単語はすでに買った英英辞典で調べれば良いのです。

私も貴方と同じ理系で定年退職の年齢ですが、英語を読み書きするには英英辞典が必須です。私は30年間英英辞書だけ使い適切な日本語が出てこないときのみ英和辞書を使っています。特に科学で使われる単語はその定義を良く理解する必要があります。例えば、detectorとsensorは日本語ではどちらも検出器などと訳されますが、科学的には違いがあります。英語の本当の意味を知っているとその違いが理解できます。

これ以外にお勧めする本は、「英語の語法診断」ピーター・ミルワード著 南雲堂、ピーター・ミルワード氏は日本で英語教師として働いた経験から日本人の英語の語法を間違う原因について例を挙げて書いています。英語とは何ぞ!ということがよく分かります。ミルワード氏は他にも本を出しておりそれもたいへん参考になります。この様な方はご存じかも知れませんが他にもいらして、マーク・ピーターセン氏なども英語を学ぶ方の間ではよく知られた方だと思います。ピーターセン氏も良い本を沢山出されています。また、「あなたの英語診断辞書」 松本安弘・松本アイリン共著 北星堂書店、も最高の辞書です。

英会話に関してはBarrons Educational Booksという米国の出版社が良い教材を提供しています。弱音変化を覚えることです。しかしながら、文法が分かり語彙が多くないと話すことはできませんから英語で書かれた本を沢山読んで勉強して下さい。TextAloudという米国のソフトがあって英文を読んでくれます。私はこのソフトに読ませながらその英文を見ていると早く理解できます。数十ドルのソフトですが私にとって欠かせないソフトです。

追伸
貴方も大学を卒業し技術者として開発業務などをすることになるかも知れませんね。社会人の基本は他人とのコミュニケーションが取れることで、それにはある事柄を他人に間違いなく伝える事が必要です。社会人でこれができない人が多いんですよ。すなわちまともな日本語文が綴れない。これには学校教育も関係しています。学校では作文技術を教えていないからです。他人に分かる日本語文を綴る能力と英語文を綴る能力はつながっているように思います。本多勝一さんの「日本語の作文技術」を是非読んで身に付けて下さい。それから大学に入ったら英語の専門書を読むようにして下さい。専門書はエディタが校正していますから良い英文を学ぶことができます。そしてきっと貴方の日本語文も改善してくれますよ。私は英文から学ぶことが多かった。数学は特にお勧めです。英語で読むと本当に理解しやすかったです。数学を日本語で読むと、私には日本語の方が難しかったんです。著者によって同じことを表現する言葉が異なるというのも分かり難い原因だと思っています。英語では誰が書いた本でも同じ表現です。

質問した人からのコメント

2009/4/22 14:23:53

降参 皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ter********さん

編集あり2009/4/2113:02:26

最終的にはご自分で判断されるしかないと思いますが
私自身も何度か興味をもった方法ですので、意見を書きます。

作文力や文法力は強化されると思いますが、
受験でテストの点に結びつくかはわかりません。

たとえば、「ホッチキス」と言いたいのだが、
その英単語を忘れてしまった。
こんな状況で、ホッチキスを英語で説明できる
という効果はあると思います。

また語感を鍛えたり、似たような意味の動詞の使い分けを
覚えるのにも非常に効果があるでしょう。

文法的には、上記の説明でよく使われる
関係代名詞の運用能力や冠詞・限定詞・名詞の単複の使い分け
の勉強にもなると思います。

大学受験という観点では、やはりオーバーワークになる可能性は
高いと思います。
現在、受験勉強が順調で時間が余るようなら、挑戦されても良いと
思いますが、そうでければオーバーワークになると思います。

英英辞典を使った勉強法というのは、
戦後、22年もNHKでラジオで英会話講師を担当した
松本亨氏の影響から派生したものだと思います。
松本先生は、日本人が英語を使えるようになるために
「英語で考える」ことを提唱されてました。
松本先生の考え方は、間違っていないとは思いますが、
即効性のある勉強方法ではないと思います。
少なくとも10ヶ月程度の受験勉強の方法ではありません。
ライフワーク的に英語に向かい合う方法です。
松本亨氏の勉強方法に挑んで、挫折した方もたくさんいます。
王道ではありますが、実行するのは大変な労力がいるのです。

松本亨氏に興味があれば、
「英語で考える本」「私と英語」英友社
「英語の新しい学び方」 講談社
(絶版ですが古本屋・オークションで手に入り安い本です。)
あたりを読まれてはどうでしょうか。
松本氏の考えかたに共鳴できるか、
また時間的に余裕があるかどうか
部分的に応用できるか、
などなどを考慮して
その上で判断されても良いと思います。

英英辞典は、この勉強法を採用しなくても、
いろいろ使い道はあると思います。
英英辞典が高かったことと、この勉強法は分けて考えたほうが良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる