茶道のお稽古、先生への月謝についてアドバイスください。

茶道288閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

「月謝」とは、江戸時代からの風習で、授業料ではなく、『毎月の感謝』を言います。そのため先生から要請するのではなく、生徒が自主的に決めるものです。江戸時代には月謝を「芹献」(きんけん)とも言い、生活が貧しい生徒は、先生宅に向かう途中で道々に生えてい芹(せり)を摘んで差し上げたものでした。 学校の授業料は、本来一番高額な経費の建物と地代、先生の人件費ですが、個人負担では高額になり、学校は多くは公立ですのでその費用は行政(自治体)が負担し、直接経費だけ生徒、父兄が負担しています。私学ではよく数十万円(場合によれば100万円とか)の入学への礼金を払ったりしますが、順当なことです。 茶道も同様で、自宅の茶室の使用料は本来掛っていますが、請求できるようなものではありません。また高位の先生では茶会の席持ちをしますが、5千円の茶碗など安価な数物ではなく、一つ数十万円以上の茶道具を幾つも使い、また教室の弟子(生徒)にも数物だけではなく、高額な茶道具を使うようにしないと本当の茶道教授にならないので茶道教室でも使用しています。 そのため『相場』はなく、どこの個人教室の月謝も先生の負担に見合う月謝は出していないのが普通です。従って先生も出費に見合う月謝を貰おうとは思っておらず、茶道の世界では曖昧なのです。 そのため質問者さんは『それでは回答にならない』と思われるでしょうが、私が推奨する月謝ですが、月1回なら5千円、その他盆暮れ、正月に、また思いやりすれば先生の誕生日などに、また茶会席持ちを先生がする場合にも体験参加礼金、年末に茶室大掃除、夏の灰洗い作業、茶会での道具出し入れの労働奉仕など、折に触れ5千円とか1万円を『お礼』、茶席教習でのお菓子の持参(事前に先生に情報提示)、時間的余裕があれば道具揃えや夏の灰洗いなど、諸々の茶道関係の手伝いをすることで感謝に替えるのが普通です。また灰洗いや茶会や季節の変わり目での道具揃えなどは茶道を続けたい質問者が手伝えば、茶道の全体を習得ができることになります。

0

私の教室では、月2回稽古、数人で稽古して一回3時間くらいで、月10000円。 奥伝がある時は、通常の月謝に加えて、水屋料1000円プラスとかにしています。 お安い教室だと月3回で9000円(一回3000円相当)というのも聞きますし、 一回が10000円というところがあることも聞きますが、 一回あたり5000円は、まあ平均的ではと思っています。 先生には率直に、社会人になったので、今後続けるためにも、月謝は受け取っていただきたいとお話すればよいと思います。

0

一万円くらいかなと思います そのような先生であればざっくばらんにお話になるのがいいかと思います その結果で額を決めてもいいのではないでしょか お話になる際は、お言葉に甘えて無料で教えいだだいてきましたが、私は社会人ですし、自分の気持ちとしてお月謝をお支払いしたいとおっしゃれば良いのではないかと思います

0

感謝を込めての月謝なら一万円、お道具使用料としてなら五千円が適当と思います。 先生のプライドも有るので相談して、最低限の必要経費をお支払するのが一番良いと思います。 先生が可愛い弟子に教えているなら、お金は二の次です。 本当に茶道の好きな人なんですね。 私の弟子は、私です。

画像