ここから本文です

アーク熱とジュール熱との違いを教えて下さい。

sco********さん

2009/4/2412:34:34

アーク熱とジュール熱との違いを教えて下さい。

閲覧数:
5,979
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dat********さん

2009/4/2517:56:18

ジュール熱は抵抗物質に電流を流した時、自由電子が抵抗体の結晶分子にぶつかりながら進むときに発生する熱で、電流の二乗に比例する。また、電流が一定なら、抵抗体の抵抗が大きいほど発熱は大きい。

アーク熱は気体を電離されたイオンが電極にぶつかるときに発生する熱で、通常電極を一旦接触させ大電流を流し、接触部位でジュール熱を発生させ、そのご電極を離し、高温の陰極が放出する電子を気体分子に衝突させて電離を起こしやすくする。
電圧、電流の比例関係はない。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fis********さん

2009/4/2420:09:29

アーク熱:
電極間にアークを発生させた時に出る熱です。
アーク熱は約6,000℃です。

ジュール熱:
電流のはたらきによって生じる熱です。

ウィキペディアのコピーで申し訳ないが、
電気抵抗R[Ω]の物体に、I[A]の電流をt秒間流したときに発生する熱量、すなわちジュール熱の量Q[J] は、
Q=RI^2t
となる。
ジュール熱の量は、抵抗Rと電流Iの二乗の積に比例する。
これはイギリスの物理学者、ジェームズ・プレスコット・ジュールが実験によって発見した物理法則で、ジュールの法則(ジュールのほうそく、英:Joule's law)と呼ばれる。

上の式はオームの法則を用いることによって次式のように変形することができる。
Q=VIt=RI^2t=(V^2/R)×t

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる