「에」と「로」の違い 時々日本語で「に」と表現されるところで「로」が 使われることがありますが、このような「로」には どのように気付けばいいのでしょうか。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます

お礼日時:1/14 23:52

その他の回答(1件)

1

先の方がとても分かりやすく説明されていて 私の出る幕ではないのですが。 ちょっとだけ苦言めいたことを。ごめんなさい。 韓国語を勉強している時は頭を完全に「韓国語脳」に切り替えます。 日本語と比較しながら勉強していくと絶対に前に進めません。 「文法が似ているから」ということが逆に足を引っ張っていきます。 完全に「外国語を勉強している」という意識に切り替えることが スムーズな習得につながります。 特に「助詞」は日本語とは全く別物として見ていくことが大事です。 *얼 정도로 춥다「凍るほど寒い」 *둘로 나누다「二つに分ける」 *일반적으로「一般的に」 *마지막으로「最後に」 など、すでに「慣用的」に使われています。 また1冊は内容のしっかりした初級用テキストも必要です。 たくさんの例文に触れて体で覚えてください。

1人がナイス!しています