ハイレゾ対応イヤホンって40,000Hz以上の帯域を再生できるもとされていますが 人の耳は20,000Hzまでしか聞こないと言われています

補足

なんか質問が下手でした ハイレゾ対応イヤホンって40,000Hz以上の帯域を再生できるものとされていて なのに人の耳は20,000Hzまでしか聞こないと言われている で、イヤホン、ヘッドホンにハイレゾって意味ある?

オーディオ | 音楽717閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

0

意味ないと思います。 ↑ 確かに コンポーザーはDAWで作曲するときハイレゾ対応のステッカーが貼られている「ハイレゾ対応モニターヘッドホン」を使用しているのでしょうか?ありえません。 ↑ なぜ? 海外のメーカーにはハイレゾ対応イヤホン・ヘッドホンなるものは存在しません。 ↑ 初めてしった、詳しく教えて欲しい

その他の回答(13件)

0

ハイレゾって確か CD音質以上のモノとされている。 CDとは、20Hz~20KHz ±0.○のデータなので そんなイヤホンなどある訳が無い(^0^)

0

ハイレゾは、20,000Hzの音を良くするものです。 そもそも、20kHzを2点プロットで再現出来るというのは、 同じ振幅波形がかなり連続した条件の時だけです。 例えば、1波形を、20,000Hzを2点プロットで再現すると、 点の取り方によっては、振幅がとても小さくなってしまいます。 しかし、4点プロットだと、それなりに波形を再現出来ます。

0

では、これはどう思いますか? 一般的なパワーアンプは、特にハイレゾを意識しないで私が自作しても、普通に「0Hz〜100kHz」まで周波数特性が平坦に出来てしまいたす。 でも、私はほぼCDしか聞きません。 このパワーアンプは意味ありませんか?

1

http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/highresolution.html 連続音で大きな音で実験されているデーターで音楽での比較をするのは科学的におかしいと言われているように同感です。 http://sirasaka.seesaa.net/article/post-d347.html 老齢で高音が聴にくくなって分からなかったが若者なら分かる人が居るかも。 人の耳や脳は皆違うのでハイレゾは良いと言う人もいると思いますが、 ①40kHzの単音は0.000025秒でしかないので連続音でないと人は聴けません。音楽にそのような連続音があると実証されているのか? ②ハイレゾ40kHz超音波音は音圧が40dB位も小さいので他の音と混じっていると分からないはず。 ③同じ音楽ソースで20kHzまでと40kHzまでを厳密に比較したのかデーターが提示されているのか疑問。 等の理由でハイレゾで音が良いと言うのはオカルトだと思います。

1人がナイス!しています