中国の簡体字って日本が戦後行った旧字体の廃止の影響があるんでしょうか。

中国語 | 中国史168閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

根拠はないけど、影響されたと思います。日本の漢字に比べて、簡体字は原形がわからないような省略された文字が多数あり、日本の漢字より簡単に作った印象です。 やり過ぎ感が漂ってます。だから、中国の愛には、心が無いなどと揶揄されるんです。

1人がナイス!しています

1

簡体字改革は二回あります。 第一回簡体字改革は草書体に影響されているし、しかも1936年中華民国時代から始めているので、結局1950年代中華人民共和国時代が決まって、全国へお勧めしていました。政策面では日本に影響された理由は不十分と思います。両国はほぼ同時に漢字簡単化改革をしているくらいは言えるでしょう。 第二回簡体字改革は1977年12月が実行していたが、実行僅か8ヶ月未満で事実上新聞に使用停止、1986年廃止されました。理由は簡単化すぎるので漢字らしくなかったのです。 例えば、この「澤」の字は 第一次は「泽」に(今使用) 第二次は「沢」に(日本漢字と同じ) 結局今は「第一次漢字簡化方案」をベースとして、1986年制定された「簡化字総表」修訂版に従って今が使用された大陸漢字です。

1人がナイス!しています