男女雇用機会均等法って、いったい何だろう??って思います。 この法律、機会均等法っていうわりには、いまだに、均等にされていない。 男性・女性、いまだに、職種による差別が絶えないです。

法律相談 | 労働問題62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1
ID非公開

2022/1/12 15:44

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

理工系の大学の女性比率が少ないので、工業をやっている日本の大企業では女性の応募が少ないので、ジェンダーギャップが埋まらないということがあります。 日本経済は工業中心です。日本の中心に女性が入るには、工業を女性がもっと学ばないといけません。 女性自身が考えを変えて、もっと理工系に来ないとだめです。工業が中心の日本の経済の中で、物理と数学を避ける女性が多すぎているということもジェンダーギャップを生んでいます。これは男性の問題ではなく、女性の意識の問題です。 情報も女性が少なくて、ロボット、機械、電気、重工業よりはましだと思いますが、情報でさえもジェンダーギャップはすごいです。

1

「機会」だけですから、中堅以上の企業はだいたい均等になっていると思いますけど? 「結果」を均等にする必要があるわけじゃないですから。 まあ、入社後の仕事の割り振りとか昇進とかに男女不平等は未だに根強くあるとは思いますけどね。 そのあたりは社風というか、幹部連中の考え方によるところが大きいですけどね。 ちなみに、女性管理職が少ないとかは、労働者側の問題も大きいとは思います。 女性社員自信が「責任が大きいポジションに就きたくない」とか「毎日定時で帰れるような職種が良い」とかいうケースも多いですからね。 あと、共働きでも、結局家庭内で女性の家事負担が大きく、仕事に避ける時間が取りにくいとかもありますね。 結局、社会全体の考え方が変わらないと、制度だけでどうにかできるもんじゃないってことですね。

1人がナイス!しています