同じ予算で見た時、キヤノン EOS RPの標準ズームキットだけか、OLYMPUSのOM-D E-M10 MarkIII EZダブルズームキットに+‪αで自分に合ったレンズを買い足すのだったら、

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

RPでしょう 実用品として考えると 大して画質が変わるわけでもない安物レンズをころころ入れ替えても、マウントが消耗したりボディ内部にゴミが入るリスクが増えるだけで、メリットが小さい

0

他の方とのやりとりを拝見して気になった事があるので書かせて頂きます。 私は以前マイクロフォーサーズを使っていました。 ボディはパナソニックのGF2、レンズは何本か使いましたが オリンパスの14-150mmも持っていました。旧型式のほうですけど…。 で、なにを言いたいかと言うと、レンズを14-150の1本だけとする、というのは危険です。 ストラップで首から下げたときレンズのほうが長くて重心がいくため、 レンズのほうが下にダランとする位置になります。 レンズも長くて案外収納、持ち運びがめんどいです。 常にいかなる場面でもこのレンズしかない、となると億劫になります。 コンパクトな標準のズームもあったほうが良いとおもいます。 あくまでも私の実体験からの感想です。

0

用途的には被写界深度が浅いと困る撮影場面が多いのでマイクロフォーサーズで良いとは思います。 旧型になるE-M5 mark2を持っていますが過不足の無いカメラです。 しかしRPもフルサイズにしては小さく軽いので、フルサイズを視野に入れているのでしたらRPにするのも良いと思います。 RPと24-105STMとの組合せは本当に手軽に持ち出せます。 私は昨年夏にR6を購入し、秋頃にフジヤカメラでウロウロしていたらRPを今更買ってしまいました。 結果としては連写に頼らないなら普通にスポーツも撮れました。 やっぱりキヤノンは下位機種でもAFは速いです。 瞳AFはR6に比べると使い物にならないレベルでしたが、、、

0

質問者様の撮る写真次第です。 たくさんレンズがあれば良いような感じがしますが、使わないので あれば意味がありません。 大きさ、重さを気にされる方もいらっしゃいますが、EOS RPなら そんなに気にするほど大きくも重くもないです。レンズ交換式カメラ って時点で持ち運びが面倒な事に大して変わりはありませんから。 どちらでも構わないと思いますが、フルサイズセンサー機とMFT機 では高感度時の画質がかなり変わって来ますから、暗い場所での撮影 が多いなら高感度性能に余裕があるEOS RPが安心出来ます。明るい 場所での撮影が多いなら、画質に変わりは感じないので直感的に好きな 方で良いと思います。デザインとか操作性とか。

0

フルサイズの欠点は二つ。レンズが大きくて重くて高い。持ち出すのが億劫になります。シャッター音が煩いしカメラとレンズが大きいので目立つ。カフェなんかじゃ周りが引きます。 カフェや美術館や博物館で活躍するのはマイクロフォーサーズ。下の写真はマイクロフォーサーズだからこそ周りに溶け込んで撮れました。

画像