回答受付が終了しました

趣味で羽二重(4匁)の染色をしています。

手芸 | 着物、和服140閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

回答(6件)

0

和紙に霧吹きしてその上からアイロン(低音)をあてる。 正絹の着物はこれでいけますが、すみません、 羽二重(4匁)の薄さのものにしたことがないので オススメとは言えないです。

0

着物のメーカーや悉皆屋さんなどでは、普通のアイロンではなくスチームアイロンを使っていますよ。 スチームアイロンの場合は、直接あてると生地が縮みますので、蒸気だけをあて、しわを伸ばすときは、スチームにしないで、あてると伸びますよ。

0

染織した後、生乾きのうちにドライアイロンするほうがいいように思います。 あるいは伸子張りで乾かすとか、 切り分けられるなら板張りもいいと思います。 シワはとるより、付けないほうが良いかと。。。 スチームアイロンがスチームを出すにはそれなりの高温の設定が必要ですしスチームの反物全体に均一ではない水分ももちろんよくありません。 その時は、ちぢみや風合いの変化もなく、大丈夫のようにみえても ダメージは、光による退色や変質がはやまる等、少し経って出てくることも多いです。 色止めをしても、せっかくのご自身の染色は堅牢ではないと思うので余計に心配です。

0

下記が参考になると 思います。しわが伸びにくいのなら、当て布を止めるとか、当て布をしたら ほんの少し高めの温度で、かけるといいと思います。 https://cojicaji.jp/laundry/how-to-iron/1159 「シルクにアイロンをかけるときはスチームを使わずにドライを使うのもポイント。スチームを使うとシワが伸びやすくなりますが、濡れた状態でのアイロンがけは生地が傷む原因になります。」 絹は 水分に弱いです。