ID非公開

2022/1/14 1:22

55回答

大学を退学したいという娘について。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま真剣に回答してくださりありがとうございます。 一番いい解答がどれか決めきれなかったので 一番初めに解答してくださった方をベストアンサーに 選ばせていただきました。

お礼日時:1/19 3:33

その他の回答(4件)

0

本人が無理ならもう無理ですよ。旦那さんに話して、話をしてもらって無理なら好きにさせましょう。あなたが一言先に伝えていれば状況は違いましたよ。

3

失礼ながら、あなたは相当な毒親だと思います。 あなたは、 娘さんが小さい時から教育費を掛けて育て、 自分の望むような進路を歩ませてきたのですね。 親の敷いたレールを歩かされる娘さんは、 どんなに苦しかったことでしょう。 「自分はまるで親の操り人形のようだ」 「自分はなぜ生きているのか分からない」 という思いに ずっと囚われていたことでしょう。 それでも、娘さんは、 親が自分に掛け続けてきた多額の教育費を、 自分に対する愛情だと解釈することで、 なんとか自分自身を騙し、 どうにか息をし続けてきたのだと思います。 そんな娘さんが最後に受けた大ダメージが、 あなたによる奨学金の使い込みです。 奨学金は本来、娘さんが借りて娘さんが返すもの。 それなのに、あなたは本人に無断で、 奨学金を生活費に使ってしまった。 ひどい話です。 娘さんにとってみれば、 「私に対して勝手に教育費をつぎ込んで、 私に苦しい思いをさせ続けて、 私を無理やり大学に行かせたのは、 私に奨学金を借りさせて、 そのお金を家の生活費に充てるためだったの?」 ってところです。 教育費=愛情だと思えなくなる限界がついに来て、 もはや自分を騙せなくなったのです。 最後の糸がぷつんと切れたのです。 私は、あなたの娘さんのことを思うと、 可哀想で、涙が出そうになります。 今までどんなに苦しかったことだろう。 親の価値観を押し付けられて、 独立した人間として見てもらえず、 人として尊重してもらえなかった、 踏みにじられ続けた、という感覚を、 娘さんは持っていると思います。 私はあなたに問いたいです。 小さい時の娘さんは勉強が好きでしたか? 自分から塾に行きたいと言いましたか? 娘さんに教育費を掛けたのは、 あなたのエゴだったのではありませんか? あなたは、娘さんに自分の願いを投影し、 自己実現の道具にしていませんでしたか? 自分と娘さんは別人格であり、 娘さんの人生は娘さんが選ぶもの、だって あなたはちゃんと理解していますか? あなたはたぶん、 娘さんと自分を切り分けることすら、 できていないと思います。 だから、今の娘さんの激しい拒絶に対応できないのです。 「借りた奨学金は返す予定だし、 一緒に住んでいて、生活費は必要なものだから、 そこまで責められる必要はない」なんて、 いけしゃあしゃあと言っている時点で、 あなたは何も分かっていません。 娘さんの激怒する気持ちが、私にはありありと分かります。 あなたにとって、娘さんは何ですか? ペットですか? それとも、自分の願いを叶える道具? どちらにせよ、あなたは、 娘さんを一人の独立した人間と見なさず、 自分の所有物と見なしているのです。 だから、 好きなようにお金を注いできたし、 注いだお金に見合う結果(薬剤師になること)を期待するし、 娘のモノは私のモノ、として、 娘の奨学金に手を付けることも厭わないわけです。 特に、 娘さんを一人の人間として尊重していたら、 奨学金に手を付けるなんて、決してできないはず。 奨学金を無断で使い込むって、 娘さんを自分の所有物と見なしている証拠です。 「後で返すつもりだった」なんて、 公金を使い込んで逮捕された人がよく言いますよ。 使っていいお金と使ってはいけないお金の 区別がつかない犯罪者のセリフです。 娘さんの心の傷は深いでしょうから、 簡単な解決策はないと思います。 あなたがこれまで娘さんにしてきたことは、 おそらく良かれと思ってしてきたことでしょうから、 あなたが自分の加害者性に気づくには、 長い時間が掛かると思います。 私があなたにアドバイスするとしたら、 もう、娘さんの人生には干渉しないこと。 娘さんのためには、 母娘の縁を切ってあげた方がいいかもしれません。 そうして、あなた自身が、 自分自身の人生を生きようとすることです。 奨学金を使い込むくらい家計が厳しいとのことですが、 あなたはちゃんとフルタイムで働いていますか? 娘さんの進路については、 あなたは口を出さず、後ろに引いて、 あなたの夫に任せて解決を図るべきだと思います。 あなたが下手に 「娘のために良かれと思ってやってきたこと」 などと自己弁護すれば、 娘さんをさらに傷つけてしまうからです。 娘さんを今の状態まで追い詰めてしまったのは、 教育をあなたに任せきりにした父親の責任も大ですから、 父親は、 今ここで事態の収拾に当たることで、 父親としての役割を果たすべきだと思います。

3人がナイス!しています

1

状況から見る限り、アニメーター云々は言い訳で、大学を辞めたいだけでしょう。 もしくは、アニメを見て漫画を読んで遊んでいるだけで成立する仕事だと、根本的に勘違いしているか。 何にせよ、大学中退・専門学校卒の20代半ばの無職が出来上がるだけです。 それを前提に家庭内で話し合いなさい。

1人がナイス!しています

1

あなたのお気持ちもわかりますが、応援してあげましょうよ。 お子さんが本当になりたい職業なんでしょう? 私にも息子2人いますが、親の意に反して違う職業を希望されても、私は応援します。子供の人生ですから、後悔せずに生きて欲しいです。 私も親に散々、やりたいことを駄目だと言われ続けて、親をとても恨みました。 だから、子供たちには自分と同じようになって欲しくないです。 あと、奨学金を勝手に生活費にあてるのは良くないです。 子供のお金、ちゃんと返してあげてください。

1人がナイス!しています