河井寛次郎の著書『いのちの窓』(昭和23年西村書店/昭和50年東峰出版/平成19年東方出版)の「前篇 火の願ひ」の冒頭の三行についての質問です。 「火の祈祷/とかさでおかない/火の祈祷」

文学、古典 | 工芸82閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どうもありがとうございました。 先のコメントさせていただいた通り、「溶かす」が思い浮かばず途方に暮れていました(しかもおっかないでは、まったくありませんでした(笑)) すっきりしました。どうもありがとうございました。 返信文を5文字以上で入力

お礼日時:1/21 17:47