【走行中にタイヤが外れ、事故をおこしたら】 外れたタイヤが他のクルマに当たり、大事故を引き起こした際の責任はやはりドライバーでしょうか?

補足

各位 ご回答をありがとうございます。 法定点検はもちろんのこと、それ以下の半年点検もキッチリやている場合でも「ドライバーの乗車前点検の義務」が求められているとしたら、乗車前に【一周回ってつぶさに観察、場合によってはハンマーで異音の聴き取り】までやらないといけませんね。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

確かに外れる前に挙動や異音はするはずですがそれに気づけるかと言えば難しいこともあるかもしれませんね。 アルミホイルであればナットの点検は目視でもできますが、ホイールキャップのタイヤではいちいちキャップを外さないですよね。 通常は規定値で締めあげるので普通車での脱輪はほぼないはずですが、錆やナットの損傷などでの可能性はあります。法定点検12か月や6か月点検をしていれば脱輪などないはずですし、毎月空気圧のチェックをしていることにより異常は気づける可能性もあります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答をありがとうございました。 ベストアンサーには選べませんでしたが、他にもご回答をくださった方にも感謝申し上げます。

お礼日時:1/22 19:18

その他の回答(3件)

0

当日整備工場から整備仕立ての車両で、整備箇所が原因で起きた事故なら整備士です。 シチュエーションで細かく変わって来ますが、シンプルな回答です。 グロサイトに外国の高速を走行中にトラックのタイヤが外れて対向車のセダンに激突した事件がありますが、事故車の車内は、シートが折れ曲がり、ドライバーは頭が割れて体が変形して居ました。 トラックのタイヤが走行中に外れる事は、飛び出し事故以上に悲惨です。一台潰してもまだ数台潰せる遠心力と重量を持ちますので、上空で蹴られただけでも死にます。

0

> 法定点検はもちろんのこと、それ以下の半年点検もキッチリやている場合でも「ドライバーの乗車前点検の義務」が求められているとしたら、乗車前に【一周回ってつぶさに観察、場合によってはハンマーで異音の聴き取り】までやらないといけませんね。 まぁ大袈裟に言えばそう言う事です。 ですが、上で記載してる内容を本当にやってるなら整備したところも無傷では済みませんね。 なんせそこが元凶ですからねー ホイール交換をかなり舐め過ぎですよね! 過去の三菱ふそうの様な欠陥はドライバーでは防げないけどね。

0

ドライバーです。 整備したとしても、ドライバーの乗車前点検の義務がないわけではない。

現実的ではないですが、それが法律ですから。 でも、走っていれば、タイヤが外れるよりも緩んだときに異常が感じられるはずです。