生命保険についてお願いします。 45歳男性です。2014年にプスデンシャル生命の米国ドル建リタイアメント・インカムで写真の内容の保険に加入しました。 妻も同時期に同様の保険に加入しています。

画像

ベストアンサー

0

為替などで条件が変わりますね。 支払いは夫婦でつき3万くらいなんで 迷っていますが、言われる通り分散の考えならアリですね。 参考にさせて頂きます。 有難うございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろ参考になりました。

お礼日時:1/25 12:01

その他の回答(5件)

1

他の方も回答しているように約1.4%です 3601920は平均すると半額になりますから、 (4308560-3001920)÷28÷(3601920÷2)×100 で近似できます 念のためですが「つみたてNISA(株式中心の投資信託)の方が利回りがよいから、保険はダメ」などはデマです 株式と外貨は性質が違うので単純な比較はできません。 ましてや掛け捨てを引き合いにだすようなら、保険も投資も知らないド素人ですね 特にこの保険は終身年金を選べます。目的が老後資金でしたら、解約してiDeCo等は普通はありえません

1人がナイス!しています

0

毎月積立の複利計算なので手計算では複雑すぎます。金融電卓を使うと簡単に出てきます。 336ヶ月 107.2ドル毎月 43085.6ドル にするための利回りは複利で年利1.24%です 今SBI証券で米国債を買うと1.5%くらい 米国の金利上昇局面で金利が固定されているのは不利だと思います。 52000ドルを仮に4%複利で運用できるなら、毎月182ドルを取り崩して資産が0になるのにかかる年数は82年です。

0

最低限の掛け捨て型以外、保険はすべてクズです。 つみたてNISAとiDeCoにしましょう。 https://president.jp/articles/-/53147 https://toyokeizai.net/articles/-/474656

そうなんですよね。 当時は勉強して医療保険や死亡保険はやめて満足していたのですが、投資の選択は全く頭に無かったです。 ありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

0

(4308560-3001920)÷28÷3601920×100=0.70 まあ、高いか低いかは評価の問題であるとして、計算式の矛盾としては、3601920円がずっと運用されていたかのように見える点ですね。この払込保険料総額は分割払いしていたわけで、ものすごくざっくり言うと、分母の値としては28年間だとすると、総額の半分が分母になるべきかと思います。 すると、単純には1.4%になるんでしょうかね。 なお、カッコ内の3001920は3601920の間違いですよね。