聞いた話ですが日本国に領空侵犯した中国の戦闘機が、対応したF-15戦闘機のパイロットはここは日本の領空ですので直ちに退避してくださいという国際的なルールの合図があるらしいので、

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

図形式での説明ありがとうございました。 わかりました。

お礼日時:1/18 8:01

その他の回答(3件)

0

専守防衛とはそう言うこと。 そして、撃墜なんかしたら、日本のマスコミや野党が大喜びして自衛隊や与党を叩きまくり、国会前にデモ隊が大集合する。

1

領空侵犯までするケースは稀です。(竹島上空や北方領土など、日本が実効支配できていない部分は除いて) おそらく、質問者さんが聞いたのも、領空侵犯ではなく防空識別圏(ADIZ)の通過でしょう。 2021年の履歴をみてもなさそうですし。 https://www.mod.go.jp/js/Press/press2021/press_pdf/p20211015_01.pdf 防空識別圏に無断で入った場合にはスクランブルが掛かって退去を求められますが、まだ領空侵犯ではないので、その状況でいきなり撃墜するような国はまずありません。 防空識別圏の通過は別に国際法違反とかでもないですからね。 実際に領空を侵犯した場合、通信に応じない&退去の姿勢も見せないとなると、威嚇射撃→撃墜となります。 日本が弱腰(というか、威嚇射撃するだけでもパイロットの判断だけではなく司令官レベルの許可が必要)なのはまあ確かではありますが、下手に刺激して戦争になったら元も子もないですからね。 「なめられちゃいかん!」で突き進んだ結果が太平洋戦争ですから。

1人がナイス!しています