回答受付が終了しました

三国志の登場人物について ほとんどの人が名(姓)で呼ばれているのに何故、諸葛亮孔明だけ字(孔明)を呼ばれていたのでしょうか? 他の人の字はたまにしか聞きませんのに。

中国史236閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(6件)

0

三国志では、劉備と諸葛亮と司馬懿は字で呼ばれることが多いのではないでしょうか。 劉備は玄徳、諸葛亮は孔明、司馬懿は仲達です。 仲達は、「死せる孔明生きる仲達を走らす」で、字が有名になってしまいました。 玄徳は、人形劇三国志とか、漫画で玄徳と呼ばれていることが多いと思います。主役なので字で呼ぶようです。 その他の人は姓名で呼称されていることが多いです。 中国では、名で呼んで良いのは主君や親年上の兄弟年上の親戚ぐらいだそうです。 ただし、字で呼ぶのも親しくないと馴れ馴れしいと思われるそうです。 官職名で呼ぶのが普通でした。

2

たんに、字が有名だから、という事が大きいと思います。 まあ、もちろん、物語で字で呼ばれるシーンが多いから有名になったのですけれど。 たとえば、蒋介石も介石ば字で本名は中正といいます。なぜか字のほうが有名な人の一人です。 こういう例は、まあまあ、ありまして、諸葛孔明が尊敬していた春秋時代の姪宰相の管仲も字で、本名は管夷吾。 漢詩で有名な孟浩然も諸説あるものの字だと言われてます(本名は孟浩)。 で、本名を呼ばないのか、ですが、呼びません。 東アジア(中国文化圏)では、本名を呼ぶのは失礼なことでした。日本でもそうです。 なので、成人すると本名とは別の通称、すなわち字を用いました。 諸葛亮の場合、最初、無位無官の若者として登場し、その後も、劉備のブレーンとはいえ、正式な官職などがない時代が続いたので、字が有名になったんじゃないか、と思います。 ふつう、官職があれば、そっちで呼びますから。諸葛亮も、後年には、諸葛丞相、なんて呼ばれます。 ニュアンスとしては、 諸葛丞相=諸葛総理、諸葛首相 孔明=諸葛さん 亮=亮(呼び捨て) みたいな感じ。普通、オトナが下の名前呼び捨てにしたりはしませんよね。 下の名前を呼び捨てにしていいのは父兄や主君だけです。 主君というのは、諸葛亮の場合は、劉禅です。 劉備も最後の最後は皇帝になって主君になりますが、それ以前は劉備も諸葛亮も形式的には後漢王朝の臣下で、上司部下ではあっても主従ではありません。 余談 日本でも本名を呼ぶのは失礼です。 歴史ドラマなんかで「信長様!」とか、あれは本来、ありえません。 織田信長の場合、若いころの通称は上総介、出世してからは尾張守とか弾正忠とか、最終的には右大臣(右府)で、信長は家来に上様、と呼ばせていたとかなんとか。 幕末の志士でも明治以前に死んだ坂本龍馬だとか近藤勇だとかは通称が有名(本名はそれぞれ坂本直柔、近藤昌宜)ですが、これはおそらく、身分が軽くて公文書なんかに本名を署名する機会なんかが少なかったからでしょう。 明治以降の人は本名が有名です。まあ、明治以降、名前を一つに統一したためですが、福沢諭吉(江戸時代の本名は福沢範)みたいに通称を本名にしちゃった人もいます。

2人がナイス!しています

1

もっぱら「孔明」と呼ばれるのは「諸葛亮が作品中で別格だから」です。 三国志の物語が広まった最大のきっかけといえる「三国志演義」という小説がありますが、そこでは姓名ではない書き方をされている人物がいます。 劉備は地の文では「玄徳」と書かれます。 諸葛亮は地の文では「孔明」と書かれます。 関羽も地の文では「関公」と書かれます。 この三人はちょっと特別なんです。 前半の主人公劉備、後半の主人公孔明、そして神格化されている関羽はちょっと他とは区別した書き方をされているんですね。 また秀吉の軍師に竹中半兵衛という人がいましたが、この人のあだ名に 「今孔明」というのがあります。現代版諸葛亮のような人、という意味です。 「孔明」というほうが我が国でも古来から馴染みがあったみたいですね。

1人がナイス!しています

0

孔明の方が諸葛亮よりかっこいいからだと思います。自分も諸葛亮より字の孔明の方が好きです。

0

そうですかね。 結構雲長とか子龍とか呼ばれてることあったと思いますけど。 ただ年上とか身分の高い人が字呼びするから、孔明は士官したとき若かったからから孔明と呼ばれる機会多かったのかも。