回答(7件)

0

〇たまに行きますけど、私以外にお客さんがゼロって場面にあまり遭遇しません。端末を操作して写真のプリント頼んでる人が多いですけど、店員さんにカメラのことを聞いてる高齢の方が結構いますよ。

0

カメラのキタムラはDPEだけやっているわけではないし、スマホや写真用品、スタジオ、中古品取り扱い等多岐に展開してますから何とかやっていけているのではと思います。潰れてはいないけどそう儲かっていないかと。正直店によって違います。中古カメラ専門の買取センターでもあまり流行っていない店もあれば、いつも人でごっかたえしている店もあり、立地もあるけどそれぞれ店の運営次第かと。店長の手腕ですね。マップカメラさんは何が凄いかというと90年代に創業してインターネットに特化して実店舗はずっと西新宿のままで急成長して東証1部上場企業に迄なったことです。ネットに特化したカメラ店のさきがけではないでしょうかね。今でこそネットが当たり前になってきてるけど、マップは2000年頃にはHPも有ってネット通販構築してましたからね。今から20年近く前です。勿論新品もある。カメラのキタムラも今どんどん店舗減らして集約化してますよ。沢山従業員いるから大変だろうね。家賃と人件費だけでも物凄い金額でしょうね。地方だと個人や家族でやっているDPEショップや写真館も今ではカツカツで何とかやっているか、どんどん廃業が続いているよ。カメラマンも廃業した仲間も何人か出てきている。そのうち大都市に1軒しかないみたいな状況になりそうな予感がする。5年後位。

3

(あなたが知らないだけかもしれないですが)、 カメラのキタムラは、お客さんが結構いますよ。

3人がナイス!しています

1

デジカメが主流になってプリントする人は減りましたが、 お店の数も減っているので、エリアに同業が乱立しない限りそれなりに売り上げはあります。 今はコロナ禍なので旅行は少ないかもしれませんが、行楽シーズンは旅行の写真などのプリントも多いです。 春などは資格や社員証用などの証明写真の撮影も多いです。 最近はフィルムの現像機を置いていないお店が増えているので、現像機がある店舗は当日仕上げ希望のお客様が来ます。

1人がナイス!しています

4

地方でカメラ屋さんをやってたような70代、80代の方々は、地元で店をやる前にキタムラやコイデで丁稚奉公のように修行した人が沢山います。 プリント全盛期のプリントサービスメインだった店舗もまだ営業してたりするだけで、ガチな店舗の従業員さんの知識はハンパないですけどね。 マッ◯なんて格好だけうやうやしいだけで、ちょっとコアな質問しただけで、しどろもどろになる店員ばっかりだけどな。 フジヤカメラとキタムラのガチ店舗は 生き字引みたいな店員さんもいて、あれはあれでオアシスだと思う。 ブリンカー着けてないで、視野を大きく持った方が今後の人生幸せになれるぞ。

4人がナイス!しています