回答受付が終了しました

デジカメって新商品は、開発されないのでしょうか? デジカメを購入するために1-2万レベルのものを調べています。

回答(4件)

0

3万円以下のカメラは性能が飽和してしまったこととスマホカメラに押されてほぼ絶滅状態です。 元々 1/2.3型CMOSセンサー+5倍ズームでベース価格が1.5万円 これにWi-Fi、自撮り、ファインダー、高倍率ズーム、GPSなどの付加機能がついて値段が上がってきました。しかし3万円以下のカメラは性能が飽和してしまったこととスマホカメラに押されてほぼ絶滅状態です。 残っているはセンサーを大きくして画質向上した高画質モデル、倍率を上げた高倍率モデル、防水や360度など特殊モデルだけです。 >対抗して2年ごとに新機能搭載のデジカメを出さないのですか? 出しても売れそうに無い・・・撮影だけが目的なら可能性はありますが、撮って編集してSNSにアップしたりといった便利機能がありません(それができればスマホになります)

質問に答えていませんでした >2018とか2019の1万円台の方が性能はいいのでしょうか? 生産中止モデルならメーカーのサービス期限(部品保管期限、通常コンデジだと生産中止後5年程度)の残りが短いですが使い捨てだと思えばそれでも良いとは思います。

1

この価格帯のカメラは売れません。スマホで十分だからです。 なので、開発費を回収出来ないので古いモデルを延々と売り 続ける→開発費が回収出来て少し利益が出た所で販売中止と言う パターンです。 少し大きめの1型センサーを使ったカメラはそこそこ出ている みたいですが、最新型のスマホにも1型センサー搭載機が出始めた ので、このクラス(5~10万円)も危ないです。 安いデジタルカメラを買うより、もし今スマホをお持ちならそれで 十分って言う事もあり得ますので、~2万円のデジカメにはあまり 興味を持たなくても良いのかもです。

1人がナイス!しています

0

昨年末に発売されたFujiのinstax mini Evoは爆発的に売れて、Fujiのデジカメシェアを2021年12月の販売台数でソニーを抜いて国内外2位に押し上げました。 このタイプのカメラはFujiしか開発できないことから、今年中にはCanonを抜いて1位になると予想されます。

0

売れないから、開発に力を入れていないのです。 このカテゴリーのカメラは、完全にスマホの撮影用途と被ってしまい、ほぼ絶滅と考えて良いです。コンパクトカメラだけ作っていたCASIOは、カメラ事業から数年前に撤退してしまいました(サポートだけはしているみたいです)。 今リリースされているカメラは、高倍率とか高画質、あるいは防水性能などの付加価値を付けたものです。 固定焦点距離のレンズを装備したカメラを、複数台装備することで広角から望遠まで対応させようとするスマホの場合、10万円を超える高級機になってしまいます。これに対して、高性能な望遠ズームレンズを搭載したコンデジなら、5万円程度から買えます。この辺りに価値を見出す人が、購入してくれるわけですね。 高画質に関しては、ハイエンドなスマホに搭載され始めた1型センサーを使い、これに高品位なズームレンズ(倍率は控えめ)を組み合わせて、画質面で差を付けたものも売れています。センサーの受光面積が増えると、ダイナミックレンジ(明暗差を記録出来る幅)が広くなったり、弱い光でも強い電気信号が得られたりして、画質面で有利なのです。 このような経緯から、付加価値を付けた分、製品価格は上昇してしまいます。ですので、低価格帯のコンデジを探されているという質問が出た場合は、スマホをお持ちならスマホで撮影を続けられることが、一番コスパが良いと回答いたします。スマホのここが物足りないという場合、極力その要求を満たしそうなものをご提案いたしますが、多くの場合は上述のように以前のコンデジよりコストが掛かっているものが多く、予算的にご希望通りとはいかないケースも出て参ります。