先日Niko sb-15を購入したのですが、説明書がついていなくて使い方が全く分かりません。

画像

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

2

SB-15は背面にA・MD・M・TTLの切り替えスイッチがあると思います TTLは対応するカメラでTTL自動調光が出来ますがデジタルカメラではTTLは出来ません MはマニュアルでISO100でガイドナンバー25ですから被写体までの距離を考慮して絞り値ISO感度を設定しなければなりません MDはモータードライブ仕様で秒3.8枚撮影時ガイドナンバー7で4回発行できる仕様です Aは外部自動調光で感度が100の場合A1がf8・A2がf4のどちらかを選んで自動発光で撮影できます、もちろんカメラ側でも同じ絞りに合わせます 貴方の添付の写真だとISO400になっているのでA1を選んだ場合カメラ側はf16にA2の場合はf8に合わせる事になります この表を見ればわかりますがISOが400の場合ガイドナンバーが50になるのでf8(A2)の時約6m~1.3mの間にある被写体に自動で露出を合わせてくれるのがわかります、f16(A1)の場合は3~0.6mの間で自動調光してくれるのがわかります まあ普通に外部調光で撮影する場合A2を選ぶ事になると思います

2人がナイス!しています

上の方が少し間違って書いているので・・・ ストロボの表示はASA100(ISO100と同じ)を基準にしているのでA1は青でf8をA2はオレンジでf4で色分けされています距離目盛の絞りの色もそれに準じています 上の人の回答は >青いラインはA1=f16のときは、1.2m〜6m程度の範囲で撮影可能ということを示したものです。 オレンジのラインはA2=f8のと、1.8m〜12m程度の範囲で撮影可能ということを示しています。 と書いていますが青いラインはf8なのでスイッチ的にはA2になりますそして1.2m〜6m程度の範囲で撮影可能ということを示したものです。青い線と距離を示すラインを比べればわかります そしてA1のf16の赤いラインは0.6~3m繰りの位置に有るのでストロボが調光してくれるのはこの範囲の距離だとわかります

1

外光オートという、自動光量調整で撮影できる距離の目安です。 今写真では、ISO400,F8という状態になっているので、カメラはマニュアルでシャッター速度はシンクロ速度以下、F値は8、ISOは400に合わせます。あとはストロボの光量を、ストロボの測光センサーを使って調整してくれます。 そのとき、適正露出が得られる距離の目安が、F値の表示の色に対応した円弧の範囲ですよってことですね。遠くを撮りたければ、絞りは開きます。すると、近くは露光オーバーになるかも知れないけど、遠くは適正露出で撮影できるって感じになる。撮影距離を意識して、F値を選ぶ感じかな。

1人がナイス!しています

フィルム時代は無理だけど、ISO感度で撮影距離レンジを調整することも、デジタルなら可能です。恐らく距離の指標環を回すと、ISOの設定値が変わるでしょう? 使いたい絞りがあって、その絞りの色のところで、被写体までの距離が入るISOを探すって使い方も、今は出来ますね。