今の時代の数学者はプログラミングが出来ないといけないのですか?

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

紙と鉛筆が有れば解ける そんな美しい問題はあらかた解決しちゃって 現代に残っている数学のフロンティアは コンピュータを使って「力任せ」に探ってみないと答えに近づけない そんなスジの悪い問題ばっかだとか 「四色問題」はその走り コンピュータを使えなければ、攻め込め攻め込む事は叶わず 指を銜えて見てるだけになっちゃう

0

工学とかで数学利用する際は、実際(近似)計算しなけりゃいけなくて、手で計算は無理だから計算機で計算する。 純粋数学の殆どは、概念操作だけでやりくりしていて、抽象概念を扱えない計算機は役に立たない。実際数学の専門書や論文を見てもらえればわかるけど、疑似言語などが書いてるものはレア。 こんなことが成り立つんじゃないか、っていう事前検証で使っている人はいると思うけど。 ただ、有限の世界まで落とし込んで、それを計算機でチェックする、というようなことはあるみたい。四色問題の証明みたいに。

1

今の時代の数学者は、プログラミングは必須です。 [必須な理由] 応用的な数学では、微分方程式(連立方程式の項が、微分の式になっているもの)や、積分方程式(連立方程式の項が、積分の式になっているもの)を解く機会が多いです。 これは、鉛筆とノートで解く手法では、解が求まりません。 (極めて一部の条件では、鉛筆とノートで解く手法が使えますが、それ以外の通常的な全般では、鉛筆とノートで解く手法では、解が求まらない) よって、コンピューターを使って解を求めます。 [FORTRANについて] 科学技術計算では、FORTRANと言うプログラミング言語を使います。 計算のためのプログラミングなので、一般のプログラミングほどの学習の負担がかかりません。 一般のプログラミング技法は求められず、数学的な技法を求められるプログラミングとなります。 [販売目的の一般的なアプリケーションソフトに展開する場合] もしも科学技術計算だけでなく、販売目的の一般的なアプリケーションソフトに展開したい場合は、もちろん、一般的なプログラミング技法も習得する必要があります。 昔からは、よくC++が使われていました。 すなわち、FORTRANでの科学技術計算のプログラムを、C++へ移植して一般的アプリケーションソフトに展開します。 C++は、カスタマイズして、FORTRAN的に科学技術計算を行えるようにすることが可能です。 また、C++では、一般的なアプリケーションソフトとしての応用も行えます。 ただし、一般的なアプリケーションソフトとしての応用は、C++では結構難しいです。 よって、一般的アプリケーションソフトとしての応用は、JavaかC#を使う場合もあります。 すなわち、C++で科学技術計算を行なわせて、一般的アプリケーションソフトとしての応用は、Javaで行なうと言う連携です。 もしくは、C++で科学技術計算を行なわせて、一般的アプリケーションソフトとしての応用は、C#で行なうと言う連携です。 また、最近では、Pythonも科学技術計算で活用されているようです。 Pythonで科学技術計算を行なわせて、一般的アプリケーションソフトとしての応用は、Javaで行なうと言う連携が行えます。 もしくは、Pythonで科学技術計算を行なわせて、一般的アプリケーションソフトとしての応用は、C#で行なうと言う連携が行えます。 もしも、一般的プログラミング技法の学習に、あまり力を入れたくない場合は、C++かPythonで科学技術計算を行ない、そのアプリケーションソフトへの展開は、JavaかC#が得意なIT企業に依頼します。

1人がナイス!しています

[先の回答者さんへ] あなたは、数学者としては、完全に素人ですよね。 また、プログラミングのほうも、素人寄りのほうですよね。 それで、なぜ、「駄目と言うことはない」と言う発想が出てくるのですか。 あなたは、相当なあれですね。 そう言うことは、もう止めなよ。 知恵袋の主旨に反することは、もう止めなよ。

0

ダメということはないけど、今どきコンピュータぐらい使えないと、相当に不便だと思う。 研究対象が市販ソフトで補える範囲のことであれば、自分で作れなくても問題は無い。