回答受付が終了しました

【野球ルール】

野球全般 | 高校野球327閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

回答(6件)

0

【キノッピー】です。 不具合により、一度ログアウトしたら、元へ戻れなくなりました。 これまで多くの質問をして、ベストアンサーを決めなかったことは一度もありませんでしたが、 【この質問のベストアンサーを決めることができません】 ※自分の質問に回答する“情けないキノッピー”でした!

2

「最初に二塁手と遊撃手の二人がどこにいたのか?」も「二塁手と一塁走者がどこで衝突したのか?」も文面からは読み取れませんが、複数の野手が打球に向かって近づいていて走者と接触したようなケースでは、上述した事項も判断材料に含めて 審判員はそれらの野手のうちから、本項の適用を受けるのに最もふさわしい位置にあった野手を1人決定して、その野手に触れた場合に限ってアウトを宣告する 《野球規則6・01(a)の(10)より》 という裁定を下すことになり、本件も「打球を処理するのに最もふさわしい野手は二塁手ではなかった」と判断した場合は走者妨害とするが、そうでない場合には守備妨害であると裁定することになるわけです。 質問文の限られた情報で判断するのであれば、最終的に遊撃手が飛球の捕球をできていないことからも「飛球の捕球を二塁手に任せたこと」が判断できますから、本件はよほど二塁手の方が不自然に走者の進路を妨げるような打球にへの接近をしていない限りは守備妨害とすべきケースと言えるでしょう。 なお「野手が打球を処理しているかどうか」の判断は 「野手が打球に対して守備し始めてから、処理をして送球し終えるまで(または完全にボールに対する守備機会を逸した状態になるまで)」 であり、捕球体勢に入っていたか否かは判断材料にはなり得ますが決定的な決め手とはなりません。

2人がナイス!しています

>この場合は、打球を追っていて捕球体勢に入ってません。2塁でランナーがアウトになれば走塁妨害です。 でも、セーフなのでインプレーです。 捕球体勢に入っていれば、たとえ、スリーフィート内であってもランナーは捕球の邪魔をしてはいけません。 審判員にこんなふざけた基準で裁かれたらプレイヤーはたまったもんじゃねえよ! 本件は守備妨害と判断したら直ちにボールデッド、走塁妨害ならプレイが一段落してから妨害の救済を可否を判断する、という流れになるプレイなので走者がどうなったのか以前に守備妨害か走塁妨害かを判断しなきゃならず、守備妨害なら走者がどうなったかは見る必要がないし、捕球体勢に入っていたか否かは守備妨害に当たらない理由にはならないんだからな。

2

守備妨害かな

2人がナイス!しています

野球規則上の、 “打球の処理”とは、どこからなのか? “捕球体勢”にしても、どういう動作からなのか? 僕には、守備妨害も走塁妨害も考えられるのですが、それらには“天と地の差”があります。 審判員にとって、かなり難しい判断になると思いました。

2

文面だけ見ると、守備妨害だと思います。セカンドとの中間でどちらが守備をするか確定できない状況で、ランナーが守備者と衝突を回避していないのは、妨害に値すると思います。

2人がナイス!しています

2

問題は守備側が捕球体勢に入っているどうかです。 この場合は、打球を追っていて捕球体勢に入ってません。2塁でランナーがアウトになれば走塁妨害です。 でも、セーフなのでインプレーです。 捕球体勢に入っていれば、たとえ、スリーフィート内であってもランナーは捕球の邪魔をしてはいけません。

2人がナイス!しています