エホバの証人の創始者であるラッセルは、ピラミッド学やオカルト学に傾倒していたと聞くが、そんな起源を持つ宗教団体がなんで「真のキリスト教」ちゅう主張につながるのかわかれせん。 理由が聞きたいがね。

宗教62閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

沈のキリスト教のほうがぴったりだがね。

お礼日時:1/28 22:26

その他の回答(2件)

1

自分たちは「真のキリスト教」だと主張しているだけです。 エホバの証人の言うことに説得される人がエホバの証人の信者になるのです。

1人がナイス!しています

1

言うのはタダです。 誰も真のキリスト教と認めていません。いくら偽物でも「本物よりホンモノです」ということは出来ます。 彼らの主張では聖書に忠実で今も家から家へ宣教活動している、神の本当の名を使っている、その実が証明している、などです。 でも宣教内容は嘘だらけで迷惑、神の名は2-3世紀にカトリックにより作られた間違えた名称、その実とは世の中の鼻つまみ者の犯罪組織です。 やれやれ。

1人がナイス!しています