オカルトって全部嘘だと思いますか。 天国やあの世、魂や幽霊の存在、今の科学で証明出来ないそういうモノって本当に存在するのでしょうか。個人的な意見で構いません。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(10件)

0

基本的にはオカルトって全部嘘です。 証拠のないものを信じることはやめたほうがいいです。 霊や幽霊は存在しません。 霊能力やスピリチュアルは霊をもとにして創作している虚構です。 妖怪や妖精、悪魔、怪獣、鬼、サンタなどが 本当には存在しないのとの同じです。 霊や幽霊、霊能力は映画、小説の中のフィクションで虚構です。 霊や幽霊というのは脳の中にだけあるイメージですから、 いくらでも多様な幽霊や霊に関することが想像出来ます。 国や人によって言うことが違うことからも 幽霊は実在のものではなく文化的なものだと言えます。 霊は測定可能な物質や電磁波などとして存在せず、科学の範疇にはありません。 検出できないということは物質と相互作用しないということです。 物質と相互作用しない霊を本当に感じることもあり得ません。 特定の人にしか見えないなら、それは見た人の脳内だけに起こった現象です。 霊や幽霊は実際には何もないのに脳が勝手に作り出した幻影なのです。 幽霊が見えたと思っても勘違いや見間違い、脳の機能不全です。 論理的に考えれば霊や幽霊が存在しないことは明白です。 幽霊を見たと嘘をついていることもあります。 霊障、守護霊、除霊、霊感、輪廻、死後の世界、 霊感占い、ヒーリング、スピリチュアルカウンセリングなど 霊に関するようなことも全て完全に虚構です。 妄想はいくらでも情報量が増大するので、 根拠の無い情報を容易に信じてしまう人にとっては むしろ信憑性が高く感じられるのです。 そして、ありえないような話でも容易に信じるようになってしまいます。 気功や占い、霊、スピリチュアルに、どんどん頼るようになっていくと 家族関係や友人関係も壊れていきます。 世の中は嘘にまみれています。 気功や占い、霊、スピリチュアルなどのオカルト的なことは 絶対に安易に信じてはいけません。 詐欺のターゲットにされてしまいます。 成人は18歳からになります。 成人後は契約したら撤回はできません。 すぐに契約してというのは、間違いなく詐欺です。 数億円の負債になることもあります。 知識を得て、しっかりと考えて判断し行動してください。

0

存在すると思います。 こちらの回答を参考にしてください。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324672753 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1030394810 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1236398797 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1318317258 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026742970 坂本政道氏は、東京大学理学部物理学科を卒業後、SONYに就職して、半導体素子の開発に従事して、トロント大学電子工学科修士課程を修了して、米国カリフォルニア州にある光通信用半導体素子メーカーにヘッドハンティングされて、半導体レーザーの開発に従事したという経歴の人です。 『死後体験Ⅲ』(坂本政道 著)の p.7~p.8 から引用します。 というか、35歳ぐらいまではコチコチの物質論者で、こういう霊的なものの存在は一切認めていなかった。世界のすべてのことは物理学で説明つくはずだと固く信じていたのである。そういった背景から大学では物理学を専攻し、宇宙の真理を究めたいと思っていた。 ある意味、霊能者の対極をなす人間、言ってみれば早稲田大学の大槻名誉教授のような人だった。 重要な点は、そういう人間でも、霊的世界の存在に目覚め、拙著に書いたような体験をするようになるという点である。何かのきっかけさえあればいいのだ。 私の場合、それは1987年にアメリカに渡り、ロバート・モンローの本と出会ったことだった。モンローの本を読み、体外離脱ということに興味を覚えたあたりから、私の人生は激変した。確か1989年ごろのことだと思う。 今から思うと、興味を持つことで、こういう可能性に対して心を開いたことが、その後の体験を可能にしたのだと思う。そんなことはありえないと頭から否定している人には、その可能性は開かれない。自分で可能性を閉ざしてしまうからである。興味を持つこと、可能性に対して心を開くことがいかに大切かが分かる。 私は体外離脱に強く興味を持ったことから、その後、自分でも体外離脱を何度となく体験するようになった。この一連の体験により、私の人生観、世界観、宇宙観は根底から覆された。その結果、それまでとはまったく異なる見方を受け入れざるを得なくなった。つまり、物質だけではない非物質と呼ばれる世界、いわゆる霊的な世界の存在を認めざるを得なくなったのである。(引用終わり) 『死後体験Ⅱ』(坂本政道 著)の p.18~p.19 から引用します。 宇宙のすべての存在・現象は物質論的な考え方で説明できると考える人は多い。宇宙のありとあらゆる現象は物質とエネルギーとそれらの相互作用で記述できると信じるのである。特に科学者を自認する人はこの傾向が強い。彼らの中には、霊魂などの非物質の存在は科学と矛盾するとまで言い切る人がいる。はたしてこの主張は正しいだろうか。 彼らの主張が正しいとすると、我々の精神、意識というものは物質の相互作用から生じることになる。意識は脳内の物理・化学現象に還元されることになる。実際、この方向での研究はさかんである。量子論や場の量子論からの説明を試みる人たちもいる。ただ彼らの前途は多難である。記憶がどういうメカニズムで起こるのかすら満足に説明できていない。まして感情や思考、直感、美意識など我々の複雑怪奇な意識現象の説明にいたっては手も足も出ない状況にある。 それはなぜか。 答えは簡単である。 我々の意識はこういった物理・化学現象では説明できないもの、それらとは別の存在であるからである。私はそれを「非物質」の存在と呼ぶ。我々の知る物質や物理的・化学的エネルギーとは異質の存在である。現代科学にとっては未知の存在である。物質と非物質は何らかの形で相互作用を持つと考えられるが、それがどういうものかはまだ明らかになっていない。 こういった「非物質」の存在があったとしても科学となんら矛盾しない。その理由は、科学は物質的存在のみを扱っているからである。非物質はその範疇に入らないのである。本来は物質、非物質という両面からとらえなければならないのを、物質のみに限って世界を把握してきたのが、今の科学である。 この状況はたとえて言えば、海の中に住んでいる魚が、彼らの世界を記述するのに、海の中だけを見ているようなものである。ところが真実は海の上には大気があり、その中を飛ぶ鳥が存在する。ときどき鳥が海の中に突進してきて魚を食らって飛び去るのだが、魚にはこの現象がまったく説明できない。突然、魚がいなくなるのだが、どこへ行ったのかわからないのである。海の中だけを見ていたのではだめなことは明らかだ。今の科学者はこの魚のようなものである。 科学は実験・観測・検証を通して理論体系を構築したのであるが、その範疇に入らない現象については目をつぶっているか、お手上げの状態である。世の中には科学の範疇に入らない現象は多々ある。それなのに、科学ですべてが説明がつくという迷信がはびこっている。(引用終わり) 退行催眠によって前世の記憶を語り出す事例が報告されたり、前世の記憶を話す子どもについて研究が行われています。前世の記憶に関しては多数の書籍が出版されています。日本では中部大学の大門正幸教授がこの分野の研究で有名です。 ブライアン・ワイス博士は米国の精神科医ですが、キャサリンという女性患者が退行催眠療法中に古代エジプト時代の過去生のイメージを語り始めました。ワイス博士は、それまでスピリチュアルな事や生まれ変わりなどをまったく信じておらず、キャサリン自身も生まれ変わりを信じていませんでした。その後もキャサリンはいくつかの前世を思い起こし、前世退行中にキャサリンはワイス博士しか知らないはずの個人的な事柄を言い当てます。その後、何度か前世を確認して、キャサリンの恐怖症は治癒していきました。キャサリンの治療が終わってからもワイス博士の患者が前世を語るケースがたて続けに起こり、ワイス博士は徐々に精神世界に心を開いていくようになり、最後には前世の存在を確信し、前世療法を確立して、関連する多数の著書も出版しています。 (『ブライアン・ワイス博士来日特設ページ』の「ワイス博士について」より) 稲垣勝巳氏の退行催眠を受けた主婦が、天明3年の浅間山の大噴火の時に人柱になったタエという女の子としての前世を語り始め、後からそれが史実と合っているかどうかを検証すると、確かに史実と符合することが確認できたようです。また、その主婦は、ネパールに行ったこともなく、ネパール語を学んだこともないのに、催眠中にネパール語を話し始め、ネパール語で会話するところも映像に残されています。学んだことのない外国語などを話す現象を真性異言と言います。 他に科学的に調査された応答型異言の事例としては、イアン・スティーヴンソンが報告している3例と、イギリスの超心理学者メアリ・バーリントンらが報告している1例があります。(Wikipedia『真性異言』より) 稲垣勝巳氏によると、退行催眠中に現れた人格であるラタラジューは、死亡年齢を尋ねられて、「ath satori(8と70)」と答えています。これは「78(才)」 のことを意味していますが、現代のネパールでは「8と70」という年齢表示はしないので、催眠中の主婦との対話者であるカルパナさんは「78(才)」のことを意味しているとは理解できず、再度「70(才)ですか?」 と尋ねています。現地調査の結果、一昔前にはこうした年齢表示が確かに存在していたことが明らかになっています。また、ラタラジューは妻の名前を尋ねられ、現代ネパール語の妻を表す「srimati」が理解できず、対話者のカルパナさんが古いネパール語の妻を表す「swasni」で再び尋ねると、これを理解し、「私の妻の名前はラメリです」と答えました。 ラタラジューが、古いネパール語による年齢を言ったこと、古いネパール語の妻しか理解できなかったことの二つの事実は極めて重要な意味を持つと稲垣勝巳氏は指摘しています。一つは、ラタラジューが一昔前のネパール人であること。もう一つは、これら古いネパール語は、仮に被験者の主婦がひそかにネパール語を学んでいた、あるいは、ひそかにネパール人と交際したとしても到底学ぶことができないであろうということです。

0

魂・・・ 例えるならそれは 無秩序に 秩序を与える 存在そのものなのかもしれない 魂とは 元々はカオスなエネルギー状態に対して求心力を与え 整える存在かもしれない 己に内在するイマジネーションが 無秩序に振る舞うエネルギー状態を整え それと相互作用する場が己の覚醒する世界となる エネルギーの水面下で意識と世界は相互作用している 魂の求心力により エネルギーの無秩序を秩序ある形態に相互作用 それは素粒子レベルからの世界秩序に相互作用するもので その素粒子形態からマクロ世界に連鎖が織りなされている 並行世界の生命体という存在を媒体に 意識が躍り出るというような仕組みかも

1

思いません。 全部嘘だと言い切れるのは世の中のオカルトと呼ばれるものについて全部知ってる人だけです。 たいていの全否定論者は、TVで見聞きした程度の情報しか知らずに嘘だと言ってます。

1人がナイス!しています

0

人間がアクセスして調べられない、天国、極楽、地獄、死後の世界、霊界、 前世、来世、魂、霊、神、天使・悪魔、、、に関しては、 どんなデタラメを言っても、 間違っていることが証明される可能性がありません。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10245896060?__ysp=44Kq44O844OI44OQ44Kk 信じるか信じないかと言うことになります。