ワールドトリガーの3期?アニメの二宮隊とヒュースなしの玉狛第二で最後の最後修のハウンドで二宮の体に穴開けたあと、普通にフルアタックメテオラをゆうまに使ってましたけど、二宮の動きがそもそも鈍っていたのは

アニメ802閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

警戒を怠らず修のアステロイドだとしても撃ち落とすべきだったんですね。 もしかしたらヒュースゆうまだったら、犬飼、辻のどっちかを手元に置いとくもしくは、同じ2対1の状況でもヒュースのバイパーを警戒して弾の相殺、シールドバイパー読みはされていたかもしれませんね。あの2人揃ったなら別の戦い方出来そうなものですけど あと修の弾を手持ちを使って相殺しようとはならずに避けていましたが、あの修でも最低限警戒する二宮なら、ヒュースのトリオン量的に絶対初見バイパー無理だと思うんですけどどうですかね?千佳ヒュースのゴリ押しは結構いけそうな気がしますが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:1/25 0:01

その他の回答(1件)

1

ワールドトリガー面白いですよね。 二宮さんの動きが鈍っていたのにはいくつかの要因が重なっています。 ①直前に辻くんがベイルアウトしたこと 修が二宮さんにハウンドを打つ手前、辻くんはちかちゃんの方を倒しにいくと見せかけて修を倒そうとします。しかし、ちかちゃんがアイビスをぶっ放したことにより辻くんは見事ベイルアウトします。 元々人を撃てないと思っていた二宮さんからしたら辻くんが打たれることを想定していてもベイルアウトすることは想定外だったのではと思います。 ②修がハウンドを持っているとは思わなかったこと 二宮さんは修がハウンドを持っていることを予想していませんでした。 ハウンドは追尾機能を切ることができます。追尾機能を切ったハウンドはアステロイドと何ら変わりありません。そのためアステロイドだと勘違いした二宮さんは普通に避けます。さらにフルアタックしようとしていたことでシールドを貼れず無事着弾。二宮をベイルアウトまで追い込む最高の一手だったと言えるでしょう。 ③単純にゆうまの実力が上がっている これは最後に質問についてですが、ただでさえ自分のペースを崩されまくっている二宮さんです。弾を出すのにはトリオンが入りますが、すでに三雲くんに結構なダメージを入れられている手前それほど段数を出せなかったのだと思います。多少のアステロイドでしたら真っ直ぐに飛んでくるだけなのでゆうまがやったようにジグザグにグラスホッパーをはれば交わすことが可能だったのではないでしょうか。 以上のことが色々重なったおかげで玉狛第二は無事二宮隊に勝つことができたのだと思います。

1人がナイス!しています