なぜホンダはターボに頼るようになったのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像

新車 | 中古車340閲覧

その他の回答(14件)

0

パワーのためだけにターボを付けているのではなく、排ガス規制など環境対策に対応する為ターボを付けるのが現時点でトータルコスト的に一番アリだからでしょう。

0

ターボはパワーフィールが悪く、エンジンにも悪く、燃費も悪く、ターボ無しでいけたらターボ無しがいい。 新規格の軽自動車は重くなったので、さすがにパワー不足からターボ導入。 シビックやNSXは、280馬力規制が無くなってる事もあり、ライバル車もターボ導入してて、さすがにノンターボだと力不足。F1もターボ時代で、エンジンやってるし、特別に。 簡単に言うと、新規格軽自動車はターボ導入。 最近のフラッグシップスポーツは、F1同様ターボ仕様。

1

昔のターボと今のターボは役割が違うでしょ。 環境問題が煩くなって来た為、ハイブリッド化(アトキンソンサイクルエンジン+モーター)か、小排気量エンジン+ターボでのダウンサイジングターボです。 もうご時世的に高回転でパワーを絞り出すエンジンは作れません。 昔のHONDAは他メーカーに比べてぶっちぎりで楽しい車でしたね。 残念な事です。

1人がナイス!しています

0

ホンダは乗って気持ちいい車作りをしたいのでは? ターボ付いてなければよかったのにって車、その当時多かったと記憶しています。