回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/24 8:49

44回答

今度初めて高速道路で少し遠いところまで運転しようと思っています。事前に目的地までの地図を調べたのですが、JCTとインターチェンジの違いが分かりません。

回答(4件)

1

本来の英語の意味とは違うとか、日本でも昔は違ったという話も聞いたことがありますけど、今の日本での使い方として。 インターチェンジ(IC)は高速道路の出入り口。 一般道や自動車専用道路等と接続しています。 有料なら大抵は料金所がある。都市高速なんかは出入り口の片方だけに料金所が有り、もう片方には無いこともある。 ジャンクション(JCT)は道路同士の接続部分。 高速道路でのJCTは基本的に立体交差で、信号や一時停止が無いのが普通。 本線から分岐して別の高速道路等に合流したり合流されたりします。 中には、JCTの途中にICがあったりもします。 ルート次第では分岐してさらに分岐する、なんてことが必要なケースもあります。

1人がナイス!しています

0

インターは入口出口。 だから、高速利用する際には 1つづつ把握してれば問題ないよ。 まぁ 行き帰りの時間によっては 違うトコから乗り降りする場合も あるけど、慣れてない時は 行きも帰りも同じ道使うのが 安心できるよね。 JCT=ジャンクション は 行先の違う路線がソコで合流したり 分岐したりして、車線が 増減する場所のコト。 高速使って走る際には、この 分岐点で、自分がドッチの道に 進むかを予め調べるのが重要だよ。 慣れてる人間でも、ボ〜っと してる時にジャンクション来ると パニクる事も結構 多いからね。

1

インターチェンジは一般道と高速道路の乗り降りをするです、駅の改札みたいなものです。 JCT(ジャンクション)は東北道と圏央道の様に高速道路が合流する場所です、電車で言えば乗り換えですが、駅と違って改札口はないので注意してください。 ただ首都高のICやJCTは郊外のものに比べて複雑なので、案内板をしっかり確認しながら走行しないと道を間違ったりするので注意してください、紙やWebの道路地図を事前に見ただけでは合流や乗り降りでしくじってしまう事もあります・・・ ナビがあればその辺は上手く案内してくれるのであまり心配する必要はないですけどね。

1人がナイス!しています

1

インターチェンジは一般道への接続。 ジャンクションは高速道同士の接続。

1人がナイス!しています