回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/25 5:09

55回答

退職すると言ったらボーナスが減らされました。

回答(5件)

0

企業で総務担当の役員をしている者です。 「賞与」は法律上、支払わなければならないものではありませんし、平均●ヶ月だから必ずそれだけ貰える訳ではありません。また、基準がない会社の場合、労基に訴えたとしても、会社は辻褄を合わせますので減額分?を取り戻すことは難しいと思います。「給与」や「残業代」に関して相談はのってくれると思いますが、「賞与」に関しては残念ですが、無駄骨になるおそれがあります。 >賞与は年4.8ヶ月分と記載されてあります とありますが、これは全従業員の平均が4.8ヶ月分ということはないですか? 弊社でも年間賞与はかなりばらつきます。組合と協議して6.2ヶ月で妥結したときも、少ない人で3.7ヶ月、多い人は9.2ヶ月分の賞与を支給しました。こういうこともあります。

1

ボーナスなんて、月給よりも不確かです。私なんて入社早々ボーナスゼロになってもらえない、ということが、2度の就職で起こしました。労基法にも違反していません。ゼロじゃないだけましと思うしかないです。

1人がナイス!しています

1

質問を拝見しましたが、ボーナスは必ず支給しなければならないものでもないんですね!ボーナスも含めて「待遇」になり「人材」も集まるわけです。 また、ボーナスはその年度ごとで変わってきますので、4.8ヶ月分と書かれていたのはその年の実績だということです。 そこで家族経営の保育園で就業規則も無いということですので、 ハッキリ言えば「ボーナス額は好き勝手に決めている」わけなんですね。 ただ、そんなことばかりしていては「人材が減る一方」になりますので、 最低限、従業員全員にわかりやすく「満額」を支給しているのが現状でしょう! そこであなたの場合は、質問内容からも明らかに他の従業員との支給額に差があり過ぎるということなので、 ハッキリ言いまして、この内容そのまま経営者に抗議はできますよ! 理由を聞きましょう!そして文句も言ってください。 どうせ辞めるのですから。 こんな話は世の中腐るほどあるんですね!特に中小零細企業ではね。 社長室に行って、「なぜ○○さんがこれだけもらっているのに、私はこれだけなんですか?」と言って、「それなら辞めます」というと、「辞められたら困るから」と後日同じ金額にしてもらった話も聞いたことがあるくらいですから。 あなたの場合は、差額分は貰えないかもしれませんが、理由は聞いても良いと思いますよ! あと、思いっきり文句を言って辞めてやってください! がんばって!

1人がナイス!しています

0

賞与も「賃金」なので、賞与の支給額について算定の根拠が規程であらかじめ提示されていて、それより少ない場合は賃金の一部不払いとなり、労働基準法第24条違反にあたります。 しかし、本件ではその提示がもともとなく、かつ、「退職すると言ったらボーナスが減らされました」という証拠もない(つまり、減額されたとしても、それは評価査定によるものかもしれない)ので、違法性はないことになります。 「ボーナスの減額分を請求する」ことはできますが、応じるかどうかは経営者次第なので、難しいと思います。

2

賞与の支給は必須ではないので、仕方ないという結論になります。どこに相談しても、結論は変わらず、相談料が掛かるだけあなたに金銭的負担が掛かります。

2人がナイス!しています