スーパーで売り場を陣取って商品を一個一個手にとって品定めしているオバチャンやバアさんがいます。

スーパーマーケット | ショッピング52閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

加齢で頭にヤキが回っていると、商品を一個一個手に取って計量してあるパックなのにそれでも大小があるのでは?と比べたり、消費期限の少しでも先なのをと奥の方から引っ張り出したり、そういう面倒なことはしません。 加齢で頭にヤキがまわっていると、何でも手あたり次第カゴに入れます。 だから家の冷蔵庫には同一商品が溢れていて期限切れのものから順に廃棄にまわします。そして冷蔵庫をサッパリさせて気分も一新で元気一杯でスーパーに出かけ昨日買った同じ物をカゴに放り込みます。 ですから、 両手に商品を持ってジーっと見比べたり、棚の奥の商品を引っ張り出したりしている関西ではオバちゃん、関東ではオバさん&おばあさん達は現役バリバリの方々で決して頭にヤキは回っているわけではありません。 この世は楽しです。

0

従業員です。 ものによりますが、おそらく消費期限などを見比べたり、内容量を確認したりしています。 どの商品を選ぶかはお客様の自由なので、見比べることやある程度散らかされることは特に何も思いませんが、 散らかしたとしても、ちょっとは「片付けた『てい』」くらいの整えはやって欲しいかな、とは思います。 コロナ禍になる前から、同じ消費期限、見た目も変わらない同じ商品なのに、売場のすごく中途半端な真ん中から商品を買っていく人がいて、 イヤだというより「なんでここから取っていくんだろう?」と不思議で仕方がないことはよくあります。