ID非公開

2022/1/25 16:19

44回答

アイドルとして好きその人のファンだけど恋愛感情はないってどういう感情なんでしょうか?私は同性のアーティストでも憧れとか尊敬とか一種の恋心のようなものがありました。

女性アイドル107閲覧

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/1/25 16:50

なるほど。そういう感じの好きですね。 そういう人いますね確かに。 アイドルとして好きって人は誰に対してもそういう感情止まりなのかもしれませんね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。 どの回答も大変参考になりました^^

お礼日時:1/25 18:39

その他の回答(3件)

0

自分はファンでも恋愛感情はそこまでないですね。トークやキャラクターが好きでファンをやっています。

ID非公開

質問者2022/1/25 18:39

ありがとうございます。 世界観が好きってことなのでしょうかね。

0

ファン心理って複雑で、応援の仕方、好きのベクトルは人それぞれ異なります。 あなたのような心理で芸能人を好きになる人もいれば、あくまで画面の向こう側の存在として好き、という人もいます。 例えば「猫が好き」という5人の人間の前に猫を放ってみます。 ①かわいい!欲しい!連れて帰りたい!ていうかもう飼う! ②かわいいなー猫欲しいけどウチペット禁止だからなぁー ③かわいい…ただずっと眺めてたい…自分じゃ幸せにしてあげられないだろうからちゃんと幸せにしてくれる人に飼ってもらえたらいいな ④かわいいけどひっかかれたり噛まれたりしそうで怖い。こっちこないで欲しい ⑤知らない人間の前に連れてこられてかわいそう。自分が安心できる場所に連れて帰ってあげて欲しい。 と、それぞれこんな反応をしたとします。 みんな思った感情は違いますが「猫が好き」という気持ちは同じです。 好きだから手に入れたいのか、好きだけど現実的なことを考えてしまうのか、好きだけどあくまで見る対象として好きで、本人の幸せは別として願うタイプなのか、好きだけど近寄りたくはないのか、好きだからこそあれこれ心配してしまうのか。 あなたの場合は恋愛的な感情をも抱くのでしょうし、それを気持ち悪いとも変だとも思いません。アイドルのような業種のファンはそういう感情を抱く方が多いのではないでしょうか。だからこそアイドルは熱愛をひた隠しにするし、週刊誌はそれを暴こうと躍起になるのです。いわばアイドルは自分とファンの疑似恋愛を商売にしているようなところもあるのでね。 ただ、全員が全員そうではなく、好きだからこそ恋愛感情のようなものは抱かないタイプもいれば、好きだけどそれはそれ、これはこれとして割り切れる人もいる。いろんな「好き」があるのだと思います。ただ、共通して言えるのは「好きならば本尊に迷惑はかけないこと」 たまにリアルに好きになってしまったファンがつきまといやストーカーをしたり、暴走しすぎて「私は〇〇の彼女だ」と虚言を吹聴したり、ひどい場合は暴行を加えてしまったりと過激になってしまう人がいます。そういうのはどれだけ「好き」という感情があっても許される行為ではありませんね。おそらくはそういう人がいるから「アイドルにリアルな恋愛感情を抱く奴はヤバイ(きもい)」と言われるのでしょう。 そういう行動さえ取らなければ恋愛感情を抱こうが抱くまいが、好きという気持ちを大切に胸張って堂々と推し活すればいいと思いますよ。

ID非公開

質問者2022/1/25 17:26

確かに色んな好きがありますね。 言われてみれば私にも恋愛感情みたいなものが全く無い好きもあります。 ただ恋愛感情がある人をキモイとは思わないのでそのキモイと言ってる人は本当にそういう好きな感情になったことがないのかもしれないですね。

0
ID非公開

2022/1/25 16:40

境界線が難しいですよね。 私も同性のアイドルを応援していますが、見方的には『近づけなくてもいいから遠くから見ていたい憧れの先輩』という感じですね。 人間的魅力を感じているのは確かですが、恋愛感情とも言えないので表現がこれくらいしか見当たりませんでした。 キモいと言う人は偏見があるだけなので気にしなくて良いと思います。別に恋愛感情があるのはキモいことではないと思いますし、恋愛感情を抱くのが同級生(近くにいる人)かアイドル(距離が遠い)かだけの違いだと思いますから。

ID非公開

質問者2022/1/25 16:58

キモイっていうのは仕方ないけど大差ないのにって不思議だったんです。 見ればかわいいキャーってなるし幸せな気持ちになるのに何がそんなに違うのかなって。回答頂いてから思ったのですがもしかしたらその人はそんな人と自分は違うみたいなプライドがあるのかなと感じました。でも間近にいたらもしかしたら私もそう思うのかも。分からないものですよね。