鎌倉殿の13人、伊東祐親はなぜ源頼朝が嫌いなのですか?? なぜ憎んでいるのでしょうか? いずれ兵を挙げて平氏を打倒しようとするからですか?

日本史 | ドラマ718閲覧

ベストアンサー

0

あぁ、源氏の嫡男になるから祐親は千鶴丸を殺したんですね! とてもわかりやすくありがとうございました! 日本史を全く知らない(世界史専攻だったので)私でも理解することができました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とてもわかりやすかったです。 3回見ても「??」だったのですが、 ご説明を読んでとてもよくわかりました。 説明が端折られているところもあるのですね! ありがとうございました!

お礼日時:1/27 18:31

その他の回答(5件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

伊東祐親が源頼朝が嫌いなったのは 自分が京都に大番役で赴任中に可愛い末娘を手籠めにされ中出しされはらまされてから。 平家派の同僚からも「娘が頼朝の子を産んだを清盛様にバレたらやばいんじゃね」と言われた。

1人がナイス!しています

0

伊東祐親は 自分の身内の一族 ドラマにも出てきた 伊東祐親に 所領など(奥さん)を奪われた 工藤祐経 氏 先日のドラマで 小栗旬さん演じる 北条義時が言っていた 狩野 茂光 氏 など の中では 唯一 平家よりの ある意味 異色な人物だったようで 最後まで 平家寄りの姿勢を見せ 平家の権勢などを信じて疑わない人だったようです 源頼朝は 平家の敵ですから 平家に頼朝の監視を任され 忠誠を誓っている伊東祐親としては 娘との間に子供ができたとなると なにか 疑われそうで 怖かったり 子供がいると やっかいなので 殺したのかもしれません ちなみに 息子さんの 祐清さんは 頼朝を逃がしたりと 父親ほど 平家に忠誠を誓っているようには 見えませんね

0

平家派なので疑われるのを嫌ったという事です。 これとは別に伊藤さんの娘と同時に鎌倉殿は政子さんと既にできていて、それに憤慨したという説もあります。

3

流人の分際で娘を寝取られたんだから恨むに決まってる。祐親は平家政権のおかげで地位や権力を握っているのに、流人として自分の監視下にある頼朝が好き勝手をしたら嫌でしょう。 伊東祐親は元は工藤祐親でした。親父の遺産の良い所(伊東荘)を相続した兄弟を羨んでいました。そいつが死んで相続した甥の工藤祐経はボンクラだったので騙して領地を奪いました。伊東荘は自分のものだという意味で伊東祐経と名乗ります。そして平家に贈り物をしたりして自分の地位を公認されました。だから祐経が中央の政府に訴えても相手にされません。自分の地位は平家によって保証されている立場です。 この後工藤祐経が祐親を暗殺しようとして流れ矢で祐親の嫡男河津祐泰がしにます。祐泰の二人の遺児は敵討ちを誓います。これが曽我兄弟の敵討ちとして有名な因縁話の始まりです。工藤祐経は頼朝に重用されて鎌倉幕府の重臣になります。

3人がナイス!しています