太陽の周りを回る惑星の並びから言えば

補足

木様→木曜 の誤りです。

ベストアンサー

0

因みに惑星の方は別に天体観測を陰陽師がやってたんで、目視できる星の中におかしな動きをする星(惑う星)が5個(肉眼で見える惑星)あったんで丁度いいから五行をあてはめただけです。 ですから天王星から先の名前は文字数も法則性が変わるのです。

その他の回答(4件)

0

大昔は地球から遠い順に土木火日金水月になっていると考えられていて、24時間を1時間刻みで星の時刻が割り当てられていました。 土木火日金水月土木火日金水月土木火日金水月土木火 となっていて、さらに続くと翌日以降は 日金水月土木火日金水月土木火日金水月土木火日金水 月土木火日金水月土木火日金水月土木火日金水月土木 火日金水月土木火日金水月土木火日金水月土木火日金 水月土木火日金水月土木火日金水月土木火日金水月土 木火日金水月土木火日金水月土木火日金水月土木火日 金水月土木火日金水月土木火日金水月土木火日金水月 と続きます。 先頭に来る星をその日の星にすると 日月火水木金土と並んでいますよね。

0

昔は太陽も他の惑星も月と同じように地球の周りを回っており、地球に近い方から月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星の順番であると考えられていました。この7つを丸く並べて、3つ飛ばしでカウントしていくと月の次は火星、その次は水星……と曜日の順番になります。

0

そう決めた時には、惑星の並びは分からなかったからでしよう。そして月も衛星というのもその頃は、誰も知りませんでした。