アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

ID非公開

2022/3/8 0:43

88回答

聖書においては、人間は、他の生物とは違うとされているのですか?

宗教63閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(8件)

ID非公開

2022/3/14 20:53

参考にしてください。 キリスト教の矛盾 https://www.youtube.com/watch?v=BCQqeYxwszg キリスト教など「神」を立てる宗教の未熟さを粗々破折 https://www.youtube.com/watch?v=_gagb6ewheQ

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

聖書のみならず、他の宗教でも、また仏教の多くでも人は人、動物は動物、植物は植物としています。人が動物などに生まれ変わるとしたのは輪廻の思想から発したものです。 少なくともカトリックでは今でも人は人、動物は動物とそのように考えていると思います。ただし人が優れているなどという考えはないですね。一部ではいまだにそう考えている人たちもいるようですが。

聖書には、創世記1:27,に明記されているように、神の像に創造されて、永遠の思いが心に置かれているとも書かれているので、他の生物とは違って永遠を考える宗教を持つのです。

「特別」な存在として造られたと考えられてます。 此の考えは、キリスト教に始まったのではなく、ユダヤ教時代からのものです。 しかし、「好き勝手にして良い」て事では無く、「管理者」としての役割だと考えられてます。